横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

生活習慣を見直しましょう

  • HOME »
  • 生活習慣を見直しましょう

赤ちゃんが欲しいと思ったら

赤ちゃんが欲しいと思ったら、

・生活習慣の見直し

・必要なサプリメントの摂取

・基礎体温をつける

を始めてみましょう。

生活習慣の見直しを始めましょう。

妊娠をするために、「日々やっておいた方が良いこと、自分で努力できることはありますか?」

これはきっと、治療は医療施設で行われるものであるが、それ以上に自分自身で少しでも努力したい、と言う皆さんの気持ちの表れでしょうね。

これをやったら、これを食べたら、妊娠できると言う単純なものは残念ながらありませんが、妊娠、生殖、という現象は、生物としての人間の身体がやはり健康でなければなりません。

健康を維持する、と言うこと、特に不妊治療で最近話題となってきている、アンチエイジングの観点から、お勧めの生活習慣をまとめました。

アンチエイジングは、お肌や見た目がどうしても注目されますが、ここでご紹介していくのは、様々な臓器のアンチエイジング。
その中には当然、卵巣や子宮が、また男性にも当てはまります。

エイジングは様々な原因がありますが、「酸化ストレス」に注目し、アンチエイジング=抗酸化作用として、当院では「食事」「運動」「睡眠」について重視しています。

 

☆食事は、血糖値の上昇が酸化ストレスとなります。

  • 朝食をしっかり摂る、昼食と夜は控えめに。
  • 血糖値の上昇を抑えるため、食べる順序は、野菜、植物性、動物性のタンパク質、炭水化物、の順に摂り、最後はビタミン、ミネラルの補給です。

例えば、
サラダ→豆類→魚介類→肉類→根菜→米、小麦→果物の順に摂る、これがゆっくりとした血糖値の上昇を促します。

よくみると、和食やフレンチ、イタリアンのフルコースは、大体この様な順番でサーブされますよね。つまり、こう言ったコースは古くから伝えられてきたアンチエイジングの食べ方なのかもしれません。

  • 外食を控え、おうちで調理を。
    特に新鮮なお野菜を購入することが大切です。
    「徹底的に洗浄された」切り売りされているサラダなど、ビタミン、ミネラルがすっかり洗い流されています。新鮮なお野菜を購入し、切りたてのものを頂くのがいいでしょう。
  • タバコはもちろん、アルコールも控えましょう。
    ともに人体の各臓器を老化させます。アルコールは第10回メディカルモール・たまプラーザ健康講座でもお話ししましたが、意外と少ない量でも妊娠しにくくなります。

☆運動する習慣を持っていますか?

  • 最低でも週に2日、30分以上の有酸素運動をしましょう。
  • 有酸素運動は、少し汗をかくほどの早歩きでも十分です。
  • 体重が多い方、BMIが25を越えると、また18.5を下回る場合でも、妊娠率が低下します。

BMIは、このように計算します。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

ex. 身長160cm、体重56kgでは、56(kg)÷1.6(m)÷1.6(m)≒22です。

BMIは、22が理想体重(標準体重)とされています。これは、最も疾病率が低く(病気をしない)、最も長生きをするからです。

普通体重は18.5〜25とされ、当院でもこの普通体重の方が最も妊娠・出産率が高いです。

特にBMIが30を越えると妊娠、出産時の合併症がとても多くなり、施設によっては妊娠を控えるよう指導されることもあります。

食事、運動について、より効果的なパーソナルトレーニングをお受けになってみてはいかがでしょうか。

☆睡眠で得られる抗酸化作用、メラトニンの働きは重要です。

  • 下垂体から暗くなると分泌され、眠気を誘うホルモン、メラトニンはビタミン類よりも強力な抗酸化作用を持っています。
  • そのメラトニンは年齢とともに分泌が減少します。
    メラトニンをたっぷり放出させるには、22時に就寝が理想的です。
  • 部屋の明かりは真っ暗に。
    就寝前2時間くらいは、テレビやPC、スマホなど、明るいものを凝視することは控えましょう。お部屋の灯りを落として、読書タイムなどはいかがでしょうか。
  • 年齢とともに低下するメラトニンは、サプリメントのように補充することができます。

そしてもう一つ、

☆歯周病チェックを行っていますか?

  • 歯周病は現代人にとって、多くの方が気付かないうちにかかっています。
    定期的なデンタルチェック、お口のメンテナンスを行いましょう。
  • 歯周病は不妊の原因となり、その影響は肥満と同じくらい重要です。

歯周病についても、第12回メディカルモール・たまプラーザ健康講座でお話しさせていただきました。

なかなか、これだけやったら、と言うものはなく、全てを一度に改善するのは難しいかもしれません。
でも、よく見ると子供の頃に言われたことも多くありませんか? 親や祖父母が教える生活習慣には、健康を導き出すヒントがたくさん隠されているのかもしれません。

サプリメントのご案内

妊娠に必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素。

妊娠を考えたら、まずは「葉酸」をサプリメントで摂取しましょう。

妊娠中には様々な栄養素が必要ですが、特に妊娠する1ヶ月前から摂取する必要があるのは葉酸です。

「葉酸不足がもたらす病気」
葉酸と神経管閉鎖障害

妊娠初期に葉酸が不足することで、胎児の神経管閉鎖障害の危険性が高まります。神経管は発達すると脳や脊髄になる器官で、この部分に障害が起こると赤ちゃんの中枢神経の異常(無脳症)や歩行困難、尿・便失禁などの症状来す、二分脊椎などが発症します。

先進各国や周辺国では葉酸摂取が進んでいる一方で、日本人妊婦の葉酸摂取率は4割ほどにとどまり、無脳症の発症は、各国で低下しているものの、日本では減っていません。

葉酸と悪性貧血

葉酸が不足することで体内の赤血球が正常に作られず、重症な貧血を引き起こします。

葉酸と妊娠高血圧症候群

最近、葉酸とホモシスティン・活性酸素の関係について発表があり、妊娠高血圧症候群の発症が予防出来るとの報告が見られるようになってきました。さらに赤ちゃんの成長が妨げられた状態である「子宮内胎児発育遅延」の予防効果がある可能性が言われています。
⇒葉酸を沢山含む食品を料理に取り入れる必要がありますが、葉酸(ビタミンB9)は「熱に弱い」「水に溶けやすい」と言った弱点があり、通常の食生活では不足しがちになり、手軽に摂取できるサプリメントが各国で積極的に推奨されています。

葉酸をはじめ、当院で扱っているサプリメントなどはこちらをご覧下さい

☆葉酸は妊娠中期になったら服用を終了しましょう。

卵巣の機能を維持し、酸化(老化)を防ぐサプリメントについて、詳しく紹介しております。

基礎体温

基礎体温の変化は排卵日や月経の予測、妊娠の判定に役立ちます。

基礎体温を測ることにより、月経周期や排卵など、女性ホルモンの動きをチェックすることが出来ます。
また、基礎体温のパターンを知ることで、自分の健康状態を把握することにも役立ちます。

  • 毎朝、目が覚めたら起き上がる前に(トイレに行く前に)、ふとんの中で基礎体温計(婦人体温計)を用いて、舌の下で体温を測り記録して下さい。
  • 体温は体を動かすとすぐに上昇します。毎日の変化が気になったり、自分の体温は異常ではないかと思われる方も多いですが、不妊診療に大切な排卵日の決定や高温期(黄体期)の評価に重要なので、一緒に日々の変化を見てみましょう。上手く測れなかった日があったり、測り忘れてしまった日があっても大丈夫です。
  • 測った体温は表やアプリを利用して、受診時に必ず持参して下さい。

【基礎体温からわかること】

  • 排卵の有無(=妊娠しやすい時期の把握)
  • 次の生理の予測
  • 着床(=妊娠)に欠かせない黄体ホルモンの正常な分泌
  • 体調や気分が良い時期、悪い時期(月経前症候群や排卵痛との関係など)
  • 不正出血と排卵の関係(妊娠しにくいものではないか)
  • 妊娠や流産の早期チェック
  • 妊娠した時期を推定
  • 更年期症状の早期発見

他にも色々な情報が得られます。

基礎体温は、普段はメモリ式の体温計や、様々なアプリなどを利用し、数ヶ月のデータを保存しておくことをお勧めします。

不妊治療の産婦人科クリニックさくら横浜市の産婦人科クリニックさくらはたまプラーザ駅から3分の不妊治療専門クリニックです。

お問い合わせ TEL 045-911-9936 お電話受付 10:00~18:00
土曜日 10:00~13:00

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.