更年期障害とは? そして何が問題か?

 

現代女性の閉経年齢は、平均的には50〜52歳、とされています。

更年期、とは、閉経の前後5年、計10年を指します。

この更年期の間に、卵巣機能の低下により、女性ホルモンの一つ、エストロゲンの分泌も低下することによる諸症状を、更年期障害、と呼びます。

考える更年期女性

更年期障害の典型的な自覚症状は、

・ほてり、発汗(Hot Flush)

・肩こり

・いらいら

で、これらを三大症状と呼んでいます。

しかし、他にも、

不眠、うつ症状や蟻走感と呼ばれる皮膚の異常感覚など、自覚症状は様々です。

加えて、腟の乾燥、ひりひり感、おりものの異常がみられる萎縮性腟炎や尿失禁、性器脱も現れることがあります。

更年期障害の特徴の一つが、これらの諸症状が、人によって異なることです。


さて、ここにあげた自覚症状に対して、検査などを行ってはじめて分かるものを、他覚症状と呼びます。他覚症状には、

・骨密度減少による骨粗しょう症

・血液中のコレステロールが上昇する脂質異常症(高脂血症)

・高血圧

・耐糖能異常と糖尿病

・サルコペニアと呼ばれる筋力低下

・肥満

などがあり、これらはそれぞれ密接に影響し合っています。

男性の老化は緩やかに起こりますが、女性の場合、多くの病態が、この更年期の頃に始まるのです。

そして、世界に冠たる日本人女性の平均寿命ですが、健康寿命は10年ほど短く、つまり、長生きではあるものの、最後の10年は寝たきりや介護が必要になっており、その原因の40%以上が更年期の頃のトラブルを原因としています。

つまり、更年期障害に対処することが、女性の健康寿命を長くし、QOLの向上に繋がるのです。

産婦人科クリニックさくらでも、全ての女性が迎える更年期と更年期障害に向き合い、より良い人生を謳歌して頂きたく、医療サポートを行っています。

次のページでは、産婦人科クリニックさくらでの治療方針を解説します。