最新のお知らせ
重要なお知らせ
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告され

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

発熱や感冒症状のある患者さんは、来院前にご一報下さい。〜新型コロナウィルス肺炎感染防止に向けた取り組み・1〜

新型コロナウィルス対策として、

・37.5℃以上の発熱があり、咳や痰、呼吸困難などの呼吸器症状がみられる

方は、来院前にご一報下さい。

また来院された場合には玄関右横のインターフォンを使って、ご用件をお伝え下さい。

神奈川県が開設している「神奈川県新型コロナウィルス感染症専用ダイヤル」は、

こちらをご覧ください

医療機関受診前に相談されると良いと思われます。


その他、当院が取り組んでいる新型コロナウィルス対策について、以下のページもご覧下さい。

・来院前の検温と申告のお願い 
〜新型コロナウィルスの感染防止に向けた取り組み・8〜

・オンライン診療のご案内 
〜新型コロナウィルスの感染防止に向けた取り組み・4〜

高度生殖医療説明は、YouTube動画で配信しています。
〜新型コロナウィルスの感染防止に向けた取り組み・5〜

初出:令和2年1月29日
補筆修正:令和2年2月16日、22日、3月6日、25日、4月10日、17日、22日
補筆修正:令和3年12月21日