横浜市たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

おもな性行為感染症

おもな性行為感染症(STI)

クラミジア感染症

原因

おもな性行為感染症

クラミジア・トラコマチスという菌が、性行為、オーラルセックスで性器、特に子宮頚部や咽頭(のど)に感染します。肺炎の原因となるクラミジア・シッタシとは異なります。

コンドームを正しく、つまり性交渉の最初から装着することで、男女ともに感染を予防することが出来ますが、最近ではオーラルセックスが広まっているため、子宮頚部の感染はなくても、咽頭クラミジアの感染が大変増えてきています。

症状

性器クラミジアの場合
症状の経過 初期は子宮頚部に感染し、おりものが増える、ただしこれは自覚されないことが多いようです。
次に、上行性感染といって、子宮の内腔を通過し卵管に至る。ここで卵管炎を起こすこともあり、卵管閉塞の原因となります。
さらに感染が進むと卵管采から腹腔内に拡がり、卵管周囲炎を起こし、腹痛の原因になります。
炎症が進むと卵管周囲癒着が形成され、卵管閉塞と同様に不妊の原因となります。
クラミジアと不妊の関係は、これが一番多いです。
感染はもっと進むことがあり、驚くべきことに肝臓の周囲にまで広がり、肝周囲炎を起こします。Fitz-Hugh-Curtis症候群、として知られています。
右季肋部、あばら骨の下辺りの痛みの原因となります。
咽頭クラミジアの場合

程度は様々ですが、喉の痛みを自覚します。
風邪かな?と思う程度のこともありますが、発熱などの全身症状はほとんどありません。

男性では尿道炎、排尿時や射精時に膿が出ることや痛みが出ることがあります。
しかし不顕性といって、無症状のことも多いようです。
また、男性不妊の原因にもなることがあるようですが、多くの場合はカップルでクラミジア感染しても、女性では上に示したように様々な病態を引き起こしてしまいます。

またクラミジアは大切な赤ちゃんに出産中に産道感染を引き起こします。
軽症であれば結膜炎、重症になると肺炎の原因になり、未熟児や低出生体重児の場合、生命を危険にさらしてしまいます。

クラミジア感染は皆さんが思ったより拡がっています。
当院でも不妊症や下腹痛がある患者さんにはクラミジア検査を行っていますが、1割以上の方が陽性となります。特に10代、20代、を中心に40歳代まで感染していることが見つかります。
性風俗業の方では非常に陽性率が高くなります。

妊娠した場合でも赤ちゃんへの感染を予防するため、妊娠初期に検査をします。
同時に淋菌やHPV感染をしていることがあるため、クラミジアと淋菌を同時に検査したり、子宮頚がん検査をお勧めしています。

検査方法

子宮頚部への感染を疑う場合、内診で子宮頚がん検査と同じように子宮頚部を綿棒でこすりますが、ほとんど痛みはありません。
出血しているときは菌が見つからないことがあるため、生理中、不正出血をしているときは検査は向いていません。

咽頭炎を疑う場合は、うがいした生理食塩水を検査会社に提出します。

一方で、男性の検査は尿検査や尿道を綿棒でこすらなければならず、これは相当な痛みが伴うものの、偽陰性(菌を持っていても陰性となる)率が高いとされています。
そのためパートナーである女性が陽性であれば、男性も治療を開始しています。

治療方法と治療効果判定

ジスロマックⓇ(アジスロマイシン)という内服薬が第一選択です。マクロライドという種類に含まれる抗生物質のため、妊娠中も服用することができます。
ジスロマックは一度に250mg錠を4錠内服しなければなりませんが、1回の内服で済みます。

ジスロマックは薬の効果が大体7~10日持続しますが、除菌率は90%ほどで、ある発表によると60%くらいではないか、とのことです。
そのため、内服後3週間後に再検査が必要です。

 

クラミジアの検査費用

淋菌感染症

 

原因

Young female squeezing her head apparently having headache

淋菌感染症(淋病)は淋菌による感染症です。

症状

クラミジア感染に似て、初期はおりものの変化、異常を自覚することがあり、進行すると下腹部の痛みとなります。
このおりもの変化やお腹の痛みはクラミジア感染よりも重いことが多く、発熱を伴うことが多いです。

クラミジア感染と同様にオーラルセックスにより喉への感染が多く、喉の痛みを自覚します。
男性の感染も重篤で、クラミジアより尿道炎、排尿時や射精時に膿が出ることや痛みが出ることがありますが、より強い症状が出ます。

カップルのどちらかで淋菌が陽性となった場合、カップルでの治療が必要です。

検査方法

クラミジアと同様、子宮頚部への感染を疑う場合、内診で子宮頚部を綿棒でこすりますが、ほとんど痛みはありません。
クラミジアと同時に検査をすることが多いです。
出血しているときは菌が見つからないことがあるため、生理中、不正出血をしているときは検査は向いていません。

クラミジア感染よりも咽頭の検査で陽性となることが多く、クラミジアと同じ様にうがいした生理食塩水を検査会社に提出します。

パートナーである女性が陽性であれば、男性も治療を行います。

治療方法と治療効果判定

淋菌は耐性菌と言って、抗生物質に対して治療抵抗性があり、抗生物質の効果がなくなってきています。

現在最も効果のある抗生物質は、ロセフィンⓇ(セフトリアキソン)ですが、点滴で用います。
そのため治療には院内で30〜60分の時間を要します。

また抗生物質の中でもアレルギー性が若干高く、使用できない場合もあり、その場合は他の抗生物質を使わなければなりません。

クラミジアと同様、内服後3週間後に再検査が必要です。

淋菌の検査費用

性器ヘルペス

原因

困った女性 ヘルペス

ヘルペスは単純ヘルペスウィルス(HSV)による感染症で、一度罹ると症状が改善しても、生涯繰り返し再発することがあります。

HSVは、1型、2型があり、かつては性器には1型、口の周りには2型が多かったですが、オーラルセックスにより、性器と口唇ヘルペスの違いがなくなってきました。

HSVは症状が治った後も、知覚神経節に潜み、体調を崩したときや月経、妊娠など、身体に変化を来したときに再発することが多く、生涯繰り返す可能性があります。再発するものは2型の方が多いようです。

ヘルペスに感染した方で、HIVにも感染していることが多いと報告されていますので、注意が必要です。

症状

性器ヘルペスの場合

性器にできるヘルペスは、陰部に潰瘍などの病変を作り、とても痛みが強いです。鼠径(足の付け根)のリンパ節が腫れることが多いです。

初感染(初めての感染)は、感染後2〜10日の間に発症、症状がとても強く、発熱、倦怠感などの全身症状がみられることもあります。重い場合、排尿や歩くことすらできなくなってしまい、入院が必要となることもあります。さらに強い頭痛、項部硬直などの髄膜刺激症状や、排尿困難、便秘などの末梢神経障害を来すこともあります。

再発の場合は、初感染ほど重い症状とはなりません。

症状が消失するまで、病変からウィルスが排泄されるため、性交渉を控えるか、コンドームの使用が勧められますが、性器以外にも病変ができることがあるため、コンドームでは完全にパートナーへの感染は予防できません。

出産時に性器ヘルペスができてしまった場合、出産した赤ちゃんへの感染を予防するため、帝王切開で分娩しなければなりません。

口唇ヘルペスの場合

口唇ヘルペスは、唇や口角(口に両端)にでき、性器ヘルペスよりも再発の頻度が高いです。

 

検査方法

病変を綿棒でぬぐい、直接ヘルペスウィルスがいるか検査します。

治療方法と治療効果判定

ヘルペスはウィルスのため、抗ウィルス剤を投与します。

多くは内服薬と外用剤(塗り薬)で治療できますが、重症な場合は点滴治療が必要で、その場合は高次施設を紹介しています。

内服薬はバラシクロビルで、1回500mgを1日2回、初発は7日間服用します。

再発でも発症後早いうちに内服を開始することが早く治り、さらに内服が次の再発を遅らせるます。この場合は、バラシクロビルを5日間服用します。

再発を繰り返す(1年に6回以上)場合、バラシクロビルを500mg、1日1回毎日服用することで再発率を低下させることができ、1年間、保険診療で処方が可能です。

症状の消失により、治ったことになりますので、治療効果を判定するために改めて検査をする必要はありません。

尖圭コンジローマ

原因

コンジローマ

尖圭コンジローマは、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウィルス)の一種による感染症で、一度罹ると症状が改善しても、生涯繰り返し再発することがあるのはヘルペスと似ています。

HPVには100種類以上の型があり、高リスク型とされる十数種類は子宮頸がんの原因となり、低リスク型のHPVが尖圭コンジローマを引き起こします。

コンジローマは、男女ともにHPVを持つパートナーとの性交の際に生じた、微細な傷(通常目に見えたり、痛みがあるものではありません)からHPVが体内に感染するとされています。

症状

HPVが陰部で増殖するときに、細かいいぼ状の隆起する病変を形成してきます。ほとんどが婦人科診察の際に偶然見つかったり、自覚症状として病変を触れたり、かゆみがあることがありますが、激しい重い症状は見られません。

性交で生じる傷が出来やすい場所、腟の入り口、特に小陰唇の内側に出来ることが多く、また腟と肛門の間や、肛門周囲にできることも多いです。

治療しないで放置すると、病変が大きくなったり腟内にまで拡がる事があります。早期の治療が早い治癒につながります。

コンジローマは病変からHPVが排出されるので、病変がある時期は感染性があります。
治療が終了するまでの間、性交はコンドームを使用してください。

妊娠中にコンジローマが発生すると、出産時に赤ちゃんに産道感染を起こし、喉頭咽頭腫の原因となるため、帝王切開が選択されることが多いです。

検査方法

コンジローマの診断ですが、ほとんどの場合、一見して診断が出来ますが、腟は微細なひだが沢山あり、一見正常なのか、コンジローマなのかわからないことがあります。
確定診断のため、一部組織を採取し、病理診断をする場合もあります。

治療方法と治療効果判定

治療は2007年12月に発売された「ベセルナクリーム5%」が第1選択となります。

他の治療法は医療機関で行わなければなりませんが、ご自分で治療が出来る方法のためよく処方されています。

ベセルナクリームは局所免疫を賦活化し、ウイルス増殖抑制作用とウイルス感染細胞障害作用により、身体が持つ本来のウイルス感染防御機構を介して病変を消失させると考えられています。

使用法は週に3日、例えば月・水・金のように曜日を決めてご自分で病変に塗るだけです。
ただし、6~10時間後くらいに洗い流さなければならないため、寝る前に使って、起きたときに洗い流す、と言う方法がお勧めです。

副作用は、主に塗布部位の皮膚のトラブルです。紅斑といって、皮膚が赤くなるのが一番多いようです。塗布部位の洗浄が遅くなるほど起こり易い傾向があります。
言うまでもなく、塗布した後は手指を石鹸で洗浄して下さい。薬剤を洗い流す目的とHPVがついた手で周囲を触ると危険だからです。
また、腟内や肛門に直接塗ることは重大な皮膚障害を起こすことがあるため避けなければなりません。

2週間くらいに1回、病変が治っているかチェックが必要です。ベセルナクリームは、最大6週間使用し、それでも治らない場合は他の治療法を選択します。

他の治療方法は、

・手術療法
外科的切除
電気焼灼、レーザー蒸散

・薬物療法
ポドフィリン
5-FU軟膏
液体窒素凍結

などです。

「液体窒素」による凍結は、皮膚科ではよく行われている方法ですが、陰部の尖形コンジローマには効果が高いと言えません。薬物療法ではこれらの方法を数回繰り返す必要があり、完治しにくい方は一ヶ月以上治療に要することもあります。
外科的な切除法は文字通り病変を切除して、時に切除部分を縫合する方法で、局所麻酔で出来ることが多いですが、出血や痛みなどのリスクがあるため、薬物療法で治らない、大きい、再発をきたしやすい、などの場合にのみ行います。

トリコモナス腟炎

原因

トリコモナス

トリコモナスは原虫の一種です。性交渉以外でも感染がみられることがあり、性交経験がない幼児や女性でも診断されます。

症状

かゆみとおりものの異常(黄色く、臭いがします)がみられます。

強い炎症を起こすため、不正出血がみられることもあります。

検査方法

顕微鏡でトリコモナスを見つけたり、培養検査(内診で腟内を綿棒でこすります)を行います。

男性では検出率が低いため、パートナーである女性が陽性であれば、男性も治療を開始します。

治療方法と治療効果判定

トリコモナスには、フラジールⓇ(メトロニダゾール)やハイシジンⓇ(チニダゾール)が有効で、妊娠前の女性では内服(メトロニダゾール250mgを1日2回、10日、またはチニダゾール500mg、4錠1回のみ)と腟錠(メトロニダゾール1日1錠、10日間、またはチニダゾール1日1錠、7日間)を併用します。

妊娠中(特に3ヶ月以内)は内服できないため、腟錠のみを使用し、男性は内服薬のみです。

メトロニダゾールはトリコモナス原虫だけでなく、様々な細菌感染の治療効果もある一方で、腟の常在菌(腟をきれいに保つ菌)である乳酸桿菌を障害しないため、細菌性膣炎の治療にも用いられます。

内服中と、内服後3日間は、アルコール摂取により悪酔いすることがあるため、アルコール摂取を控えなければなりません。

内服後に再検査が必要です。

梅毒

原因

梅毒

梅毒は細菌の一種です。

かつての感染症であるイメージが強いですが、近年先進諸国でも感染が増えてきており、日本でも特に若年の女性に増えていることが問題となっています。

また、HIV感染との合併感染が増えていますので、梅毒陽性の方はHIVなどのSTI検査も受けましょう。

症状

近年では進行した梅毒が発見されることはまれです。

初期は感染部位(性器、口、肛門、手指など)に痛みのないしこりができ、膿が出たりします。また鼠径リンパ節が腫れます。

その後、全身のリンパ節が腫れたり、発熱、倦怠感、関節痛が出る場合があります。バラ疹と呼ばれるピンク色のあざが足の裏から顔面まで出現します。

妊婦さんが梅毒に感染している場合、お腹の赤ちゃんが先天性梅毒にかかる可能性がありますので、妊娠初期には検査が行われ、感染が分かった場合には妊娠中も治療が必要です。

検査方法

血液検査で梅毒の反応を検査します。

治療方法と治療効果判定

抗生物質であるアモキシシリン(サワシリン、パセトシンⓇ)やアンビシリン(ビクシリンⓇ)を服用します。治療効果が見られるまで、最低でも4週間、長期の場合、半年くらい服用しなければならないこともあります。

内服後に再検査を行い、治療効果を判定することが必要です。

ウレアプラズマ、マイコプラズマ

原因

ウレアプラズマ、マイコプラズマ

ともに細菌の一種です。

国内ではあまり認知されていませんが、諸外国ではSTIの一種とされています。

症状

自覚症状はあまりありません。おりものが正常に見える場合にも感染していることがあります。

妊娠中に感染していると流産や早産の原因となることがあるため、妊娠前に検査と治療が必要です。

産婦人科クリニックさくらで行った検査では、不妊症の37%でウレアプラズマが陽性、5%がマイコプラズマ陽性で、やはり流早産の原因となる細菌性腟症の原因菌ガードネラの24%をウレアプラズマは上回っていました(日本産科婦人科学会学術講演会発表、2016)。

またウレアプラズマ、マイコプラズマは、難治性の膀胱炎の原因とされています。

検査方法

培養検査(内診で腟内を綿棒でこすります)を行います。

治療方法と治療効果判定

他のSTIと異なりますが、最も効果が高いのがドキシサイクリン(ビブラマイシンⓇ)で、次にミノマイシンが効果的です。

ともに妊娠中には服用できないため、妊婦さんにはクロラムフェニコール(クロマイⓇ)腟錠を使用します。

パートナーも同じ様に服用します。

内服1週間後に再検査を行い、治療効果を判定することが必要です。

B型肝炎、C型肝炎、HIV(エイズ)

原因

B型肝炎、C型肝炎、HIV

ともにウィルスの一種です。

性行為だけでなく、母子感染や輸血による感染が知られています。

HIVは梅毒や性器ヘルペスとの合併感染が多いとされ、さらに現在検査をしていないために気づかれていない方が増えています。

症状

B型肝炎、C型肝炎は、文字通り肝炎の原因となり得ます。

またHIVは免疫不全の原因となり、がんや細菌感染を引き起こします。

妊婦さんの感染は赤ちゃんへの感染の原因となるため、出産後の赤ちゃんに治療が必要となることがあり増す。

検査方法

血液検査で行います。

治療方法と治療効果判定

それぞれ治療法が異なり、専門的な治療が必要となるため、専門医に紹介させて頂きます。

不妊治療の産婦人科クリニックさくら横浜市の産婦人科クリニックさくらはたまプラーザ駅から3分の不妊治療専門クリニックです。

お問い合わせ TEL 045-911-9936 お電話受付 10:00~18:00

かんたん便利!さくらのWeb予約


  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.