横浜市たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

ドクター紹介

  • HOME »
  • ドクター紹介

ドクター紹介

院長の紹介

産婦人科クリニックさくら院長

桜井 明弘

産婦人科クリニックさくら院長 桜井 明弘

コンセプトである「カラダに優しく、妊娠後にも優しく、こころに優しく」、そんな診療を続けていきたいです。 不妊治療については、排卵誘発剤の副作用を考え、排卵誘発剤を使用して多くの卵を取るのではなく、数は少なくても質のいいものを取ることを重要視し、多胎によるリスクを避けるために受精卵は基本的に一個しか戻しません。
妊娠した後のことも考えなければならないというのが、我々の不妊治療に対する考え方です。
そして何よりも患者さんの価値観を尊重し、治療法や不妊治療に対する考え方を共有していきたいと思っています。 いずれは不妊専門のカウンセリングを導入し、患者さんのお話を聞く時間を増やしていきたいですね。
いかに妊娠率を上げるかを追及し、新しい知見、知識をどんどん取り入れて、大学院で研究していた精子因子(卵細胞を活性化させる精子の因子)についても、将来的に不妊治療に役立てていきたいと思っています。
医療もサービスと捉え、サービスの視点でも医療を提供し、みなさんに喜んでいただきたいですね。

略歴

私は順天堂大学を卒業後、同大学産婦人科教室に入局し、不妊・内分泌、腹腔鏡下手術を専門としました。
同大学院在籍中に、東京女子医科大学第2生理学教室に国内留学し、精子由来の卵活性化因子を研究、同研究で日本受精着床学会より「世界体外受精会議記念賞」を受賞し、平成18年に同教室主催で行われた国際シンポジウムで講演もしました。
平成13年より、東京都より地域周産期センターの指定を受けている賛育会病院の産婦人科管理医長として勤務、不妊診療のみならず、妊娠・分娩の管理を行う周産期医療、婦人科悪性腫瘍などの研鑽を積みました。 特に、腹腔鏡下手術は、年間200件以上を手掛け、子宮筋腫や子宮内膜症などの、技術的に難しい症例も多く経験させて頂きました。
「産婦人科クリニック さくら」では、これらの経験を踏まえて、産婦人科一般の診療と、不妊検査・一般不妊治療は勿論、高度生殖医療(体外受精なども含む)も行っています。

産婦人科クリニックさくらでの診療を行っていると、皆さんの生活習慣の改善の必要性を実感し、また一人一人の患者さんにお伝えすることの限界も感じたため、2015年に「女性のQOLの向上」を目指す団体、一般社団法人美人化計画を立ち上げました。さらに生活習慣の改善を提案した「あなたが33歳を過ぎても妊娠しない44の理由(幻冬舎)」を執筆しました。

・医療法人産婦人科クリニックさくら理事長・院長

一般社団法人美人化計画代表理事

・一般社団法人横浜市青葉区医師会理事

・順天堂大学医学部付属練馬病院、賛育会病院非常勤医師

国際メディカルセラピー研究会顧問

 

ドクター紹介

桜井 加那子

桜井 加那子

開業してみて女性医師を希望する患者さんが多いことに気がつきました。
産婦人科クリニックさくらでは、毎日女医がいる体制で診療を行っています。同時に、「女性健康外来」と称して、婦人科の領域にとらわれずに、幅広く診療をしていきたいと考えています。
婦人科には関係なさそうな症状でも、女性ホルモンが原因であることもありますから、どの診療科にかかればいいのかわからないときはお気軽にご相談ください。
また、ご自身の症状だけでなく、ご家族の健康についての相談もお受けしていきたいと思っています。

略歴

順天堂大学を卒業後、順天堂大学産婦人科学教室に入局。約6年間勤務の後、東村山市・ひまわりウィメンズクリニック、江東区・あそか病院、世田谷区・成城木下病院、港区・六本木ヒルズクリニック勤務を経て、現在に至っています。
産婦人科クリニック さくらは、院長が高度生殖医療を専門とする一方で、私が目指しているのは、女性のかかりつけ医です。
産婦人科は、まだまだ受診するには抵抗のある科だと思います。こんなことで受診していいのかしら、誰に相談したらいいのか分からない、症状はないのだけれど検査してほしい等、何でも構いません。お気軽にご相談していただけたらと思います。

相澤 知美

相澤 知美

産婦人科を受診する方の年齢は幅広く、小さなお子さんから高齢の方まで様々です。妊娠に関してだけでなく、月経に関する心配ごとや、おりものや感染症、更年期についてなど、受診される方の理由も多岐にわたります。
女性が一生をとおして受診できるところですので、ぜひかかりつけ医をもち、症状がなくても定期検診を受けられることをお勧めします。
家族や友人の相談に乗る気持ちでお話できたらと思っていますので、小さなことでも気になることがあれば早めに相談にお越しいただけたらと思います。

略歴

私は名古屋で生まれ育ち、名古屋市立大学を卒業後、同産科婦人科学教室に入局しました。その後関連施設である名鉄病院で長く勤務していました。当時、名鉄病院は分娩件数も多く、婦人科悪性腫瘍の治療まで積極的に行っており、医師として貴重な経験を積みました。結婚し横浜に転居したのを機に、色々な施設で外来診療を学びたいという思いから、横浜市内や都内の複数のクリニックで勤務してきました。2013年に当院に入職し、2017年からは常勤医師として勤務しています。

杉山 真理子

杉山 真理子

略歴

順天堂大学産科・婦人科学教室で、院長桜井明弘と桜井加那子医師と同じく研鑽を積み、院長の前任先である賛育会病院では同時期に診療にあたり、当直や手術など、楽しいことも苦難もともにした間柄です。
現在は大学の教室を辞し、都内や横浜市内のクリニック、検診施設で外来診療の第一線で活躍しています。

佐野 麻利子

佐野 麻利子

略歴

順天堂大学産科・婦人科学教室に入局し、研鑽を積みました。大学では、不妊内分泌を専門とするグループに属していました。院長と同じく、平成13年より賛育会病院に勤務し、周産期医療が主な病院ではありましたが、不妊・内分泌領域の診療も数多く経験しました。現在でも他施設で分娩に携わっています。2014年11月より当院に入職。

郷家  明子

郷家 明子

略歴

東京女子医科大学を卒業、同大学病院循環器内科に入局(不整脈治療を専攻)し、静岡県立総合病院で循環器内科医として勤務後、中国医学を学ぶために台湾へ留学しました。中国医薬大学を卒業し、中医師免許を取得。
現在は鍼灸治療を主とする「明(あかり)クリニック」院長として勤務する傍ら、2013年1月より、当院で漢方専門外来も行っています。なかなかご妊娠が叶わない方や、生理痛や更年期症状でお困りの方など幅広く診療し、患者さんの心と体に合った漢方治療を提案しています。

高久 千鶴乃

略歴

日本医科大学を卒業後、呼吸器内科に入局。都立広尾病院呼吸器内科勤務を経て、同大学院免疫学教室にてエイズウイルスの研究に従事しました。その後、同大学病院にて感染症専門外来に従事しつつ、東洋医学専門外来を兼務しています。人間が本来持っている生体防御機構に働きかける東洋医学的治療は、ウイルスや細菌を排除する西洋医学的治療と異なる視点をもっており、これまで学んできた双方の利点を医療現場に還元したいと考えています。個人的には婦人科好きですが、皮膚科や内科全般にわたりご相談いただけます。

不妊治療の産婦人科クリニックさくら横浜市の産婦人科クリニックさくらはたまプラーザ駅から3分の不妊治療専門クリニックです。

お問い合わせ TEL 045-911-9936 お電話受付 10:00~18:00
土曜日 10:00~13:00

かんたん便利!さくらのWeb予約


  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.