横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

2022年10月2日授乳中の無月経、不正出血、生理は? 乳がん検診は?

授乳中、赤ちゃんの検診や健康管理はとても気を遣うことですし、反面、お母さんの身体の不調は見過ごされがちでしょう。中でも不正出血がみられたり、いつまでも月経が来なかったり。そんな症状で初めて産後の婦人科受診をされる方も少な ...

2022年10月2日出血が少量になって来た? 月経の様子が変わってきたのは「歳のせい」?

多くの女性が、年齢とともに月経の周期が短くなってきた、早まってきた、と感じてきます。また、月経の量が少なくなってきた、反対に多くなってきた、と実感していることも。月経周期の変化や月経量が少なくなるのは、早い方では30代後 ...

2022年10月2日インフルエンザワクチン、打った方が良いんですか? 〜「妊娠を考えています」「妊娠しています」、いつ接種するのが一番いいのでしょうか〜

新型コロナの感染予防のため、昨シーズンまで2年間、インフルエンザの流行が見られませんでした。矛盾する様ですが、そのため皆さんインフルエンザに対する抗体がついていないため、今年はインフルエンザの流行が予想されています。また ...

2022年10月1日「毎月右左、交代で排卵しますよね?」 ~排卵に関するいくつかの誤解~

「排卵は左右の卵巣から交互に起こる」「今月右だったから、来月は左だな」「先月、左の排卵痛だったのに、今月も左に排卵痛、私の右の卵巣はどうなっちゃたの?」「私の排卵、いつも左(右)なんですけど」「片方の卵巣には卵胞が育たな ...

2022年10月1日体外受精と顕微授精の受精率は? 〜受精方法選択の基準〜

生殖補助医療のメインイベントとも言える、採卵。卵巣から卵子を採取し、いよいよ精子と受精をさせます。その方法として、「体外受精」と「顕微授精」がありますが、その選択基準は?産婦人科クリニックさくらでは、採卵日に採取された精 ...

2022年9月30日新型コロナウイルスに罹ってしまったら? 〜低用量ピルやホルモン補充、ホルモン治療を受けている方へ〜

第7波が猛威を奮い、患者さんの中でも罹ってしまった、と言うお話を伺う機会が全く珍しくならなくなりました。その中で、よくいただくお問い合わせです。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染(COVID-19)により、 ...

2022年9月30日多囊胞性卵巣症候群とは? その診断法、挙児希望の治療法

この記事の目次 多のう胞性卵巣とは?多のう胞性卵巣の診断多のう胞性卵巣の治療法妊娠を希望している方の治療法コエンザイムQ10グリスリン 多のう胞性卵巣とは?生理不順には、さまざまな原因がありますが、最も多い原因の一つが、 ...

2022年9月30日カンジダ腟炎(外陰腟カンジダ症)の内服治療 〜新規の長期内服処方はできません。また継続の方も院外自費処方となる可能性があります〜

カンジダ外陰腟炎の再発予防に、フルコナゾールを6ヶ月服用して頂く方法も紹介していますが、薬剤の入荷が大変遅れていたため、再度処方制限をさせていただきます。処方は、新規の開始はお断りします。また治療途中の方も、原則として4 ...

2022年9月30日デマに注意してください。新型コロナワクチンやHPVワクチンは、不妊や流産の原因になりません!

とんでもないデマが拡散されています。新型コロナウイルスワクチンが、不妊症や流産の原因となる、というものです。元はと言えば、ファイザー社の元副社長が、根拠はないものの胎盤形成を障害する可能性がある(=不妊症の原因になる)「 ...

2022年9月30日タイミング法の妊娠率

赤ちゃんを考えて受診されるカップルには、不妊スクリーニング検査と平行して、タイミング指導が行われることがほとんどです。さて、タイミング指導が行われた方はどれくらいの出産率だったでしょうか。2018年に来院された患者さんの ...

1 2 3 21 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.