黄体ホルモン製剤「デュファストン」の供給量が不足しており、近隣の薬局をはじめ、全国的に入手困難な状況となっています。

その他、「プロベラ/ヒスロン」「ノアルテン」「ルトラール」も、相次いで不足していることが発表されています。

デュファストンは、黄体機能不全や続発性無月経、ホルムストローム療法、子宮内膜症治療や月経困難症の治療としてのPOP、また更年期障害のホルモン補充療法に、と、とても幅広く、また大変安全性の高い製剤として用いられてきました。

産婦人科クリニックさくらでの処方の中でも、ダントツに一番多く処方され続けています。

4月に製薬会社から日本産科婦人科学会を通じて、供給量が戻るまでの約1年間、可能な限り代替治療の使用が求められています。

その黄体ホルモン製剤の代わりとなるプロベラ/ヒスロンやルトラール、ノアルテンも、すでに供給量が不足する傾向にあり、また注射製剤の一部も、近いうちに製造・販売が中止となることが決まっています。
現在、豊富に流通して使用できるのは、ジエノゲスト生殖補助医療で用いる腟剤のみです。

来春までの約1年間、産婦人科クリニックさくらでは、以下の代替治療を提示します。

・黄体機能不全の場合
排卵を促し、卵巣を刺激するhCGを注射します。

排卵を促す目的に注射したり、または排卵後に3000単位注射します。その1週間後に再度3000単位注射します。

排卵から2週間後の妊娠判定で、このhCGが反応し、わずかな陽性反応がみられることがありますので、排卵から3週間後に検査することをお勧めします。


・続発性無月経やホルムストローム療法、カウフマン療法
内服薬から注射剤へ変更します。内服する必要がなくなりますが、注射のために来院しなければなりません。

続発性無月経やホルムストローム療法の場合は、プロゲステロン50mgか、プロゲデポー125mgを注射します。

カウフマン療法の場合は、プロギノンデポー10mgと合わせてプロゲデポーを注射します。

注射が苦手、などの理由で受けられない場合は、ピンカス療法と言って、中用量ピルを服用する方法もあります。


・ホルモン補充療法
デュファストンに替えて、エフメノ®︎を内服。

内服方法が異なるのと11月末まで長期処方ができないため毎月処方に来院していただかなければなりません。


長い間デュファストンをご愛用いただいている皆さまには大変申し訳ありませんが、どうぞご理解、ご協力をお願い申し上げます。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:令和4年7月7日
補筆修正:令和4年7月28日、8月20日、9月2日