当院で扱っている医薬品の中で、DHEAやメラトニンを希望して来院される患者さんがいらっしゃいます。

不妊治療はまだ完全な標準化がなされておらず、その医療機関がこれまでの経験や実績、研究結果に基づいた治療を選択しています。

その中でもDHEAやメラトニンのようなホルモン作用のある医薬品はサプリメントではなく、これらを利用することを推奨しない施設があり、主治医である医療機関が推奨しない状況では当院で処方はできません。

遠方からお越し頂くことも多いのですが、主治医の先生のご意見を尊重し、お話しだけでお帰り頂くことがほとんどです。どうぞご理解ください。

また現在示されているオンライン診療の指針からも、オンラインでの処方もできないものがありますので、あらかじめご了承の上、ご利用ください。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:令和3年9月6日
補筆修正:令和4年3月24日、9月9日