横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

2022年8月8日ロング法の、点鼻薬やマイナートラブル、よくあるご質問にお答えします。

当院で行っている生殖補助医療(体外受精など高度生殖医療)では、卵巣刺激法(排卵誘発法)として、多くの方にロング法をお勧めしています。ロング法が最も妊娠・出産率が高いためで、FSHなどの注射製剤を使用するため、通院して注射 ...

2022年8月8日AMH(抗ミュラー管ホルモン)とは?

簡単に卵巣年齢、と表現されることもある、卵巣の予備機能を知る検査の一つがこの抗ミュラー管ホルモン(アンチミュラリアンホルモン)です。英語の頭文字をとってAMHとも呼ばれています。皆さんの卵巣には、原始卵胞という、これから ...

2022年8月8日当院で処方している低用量ピルの一覧と特徴 〜ジェネリック薬「ドロエチ」の処方を開始しました〜

現在国内で処方可能な低用量ピルは、16種類になりました。当院では以下の低用量ピルを処方していますが、ピルを必要とする症状や目的に応じて、その特徴を活かした処方を行なっています。 それぞれの特徴はあくまでも一般的 ...

2022年8月8日インフルエンザワクチン、打った方が良いんですか? 〜「妊娠を考えています」「妊娠しています」、いつ接種するのが一番いいのでしょうか〜

新型コロナの感染予防のため、昨シーズンまで2年間、インフルエンザの流行が見られませんでした。矛盾する様ですが、そのため皆さんインフルエンザに対する抗体がついていないため、今年はインフルエンザの流行が予想されています。また ...

2022年8月8日コロナウイルス感染・コロナワクチン関連の記事をまとめて紹介します。

このブログも、主に産婦人科に関係するコロナ関連の記事を掲載しています。これらの記事にはアクセスがとても増えてきておりますので、コロナウイルス感染・コロナワクチン関連の記事をまとめます。クリックするとリンク先に記事を掲載し ...

2022年8月8日コロナワクチン接種は、妊活中でもどの時期でも接種できます。接種後の避妊も必要ありません。

ピル服用の方が、コロナワクチン接種で血栓症のリスクが高まるため接種できない、と言う誤った認識や、それに基づいた指導が問題になっています。同じように、コロナワクチンの後、12週間避妊しなければならない、と誤った指導をしてい ...

2022年8月8日”風疹ゼロ”プロジェクト 2月4日は”風疹(ゼロ)の日” 2月は”風疹ゼロ”月間です。

平成29年から、我々も所属している日本産婦人科医会が中心となり、日本産科婦人科学会、厚労省をはじめとした各省、都道府県市区町村、国立感染症研究所、日本医師会、小児科、耳鼻科、など各学会が2020年、東京五輪、パラリンピッ ...

2022年8月8日コロナと子宮頸がんと、ワクチンを打たなければならないのですが 〜コロナワクチン、他のワクチンとの接種間隔は?〜

コロナワクチンと、他のワクチンを接種している・接種する予定、の方たちからの質問が増えています。現在国内で接種できるコロナワクチンは、ワクチン接種の「前後2週間」は他のワクチンを避けること、とされています。つまり、他のワク ...

2022年8月6日性交経験がないのですが婦人科の診察は出来ますか?

性交経験のない場合でも、生理不順や生理痛、かゆみやおりもののトラブル、また一般的な婦人科の検診など、婦人科受診、診察は可能です。性交渉の経験がない方の診察は、・腟内のトラブル、かゆみやおりものは、小さい腟鏡を用いて・生理 ...

2022年8月6日アシステッドハッチング(Assisted Hatching、孵化補助法)〜当院の方針〜

体外受精など高度生殖医療で得られた受精卵を子宮に戻す「胚移植」の際に、受精卵の周りの透明帯に「切れ目」をつける方法を「アシステッドハッチング(Assisted Hatching、孵化補助法と訳されます)」と言います。 こ ...

« 1 2 3 4 21 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.