横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

2021年3月3日生理痛、どこで相談していますか? 〜低用量ピルも検討しましょう〜

毎月訪れる月経痛に悩まされている方、少なくありません。毎回辛い思いをするけど、女性だから仕方ない、生理痛があるのが当たり前、とか、痛い日々が過ぎた後は痛みは無くなってしまうから。。と、月経痛を軽く考えていませんか?「生理 ...

2021年3月2日レトロゾール ~排卵誘発剤としての効果と副作用~

生殖医療(不妊治療)で用いられる排卵誘発剤、これには大きく分けて内服薬と注射剤がありますが、内服薬は卵巣を刺激する効果が弱く、注射は刺激が強いです。内服薬の中で最も有名で、最も多く使われているのが、「クロミッド」。そして ...

2021年3月1日「毎月右左、交代で排卵しますよね?」 ~排卵に関するいくつかの誤解~

「排卵は左右の卵巣から交互に起こる」「今月右だったから、来月は左だな」「先月、左の排卵痛だったのに、今月も左に排卵痛、私の右の卵巣はどうなっちゃたの?」「私の排卵、いつも左(右)なんですけど」「片方の卵巣には卵胞が育たな ...

2021年3月1日避妊とか、生理痛の目的にピルを飲んでいますが、どうしてコンドームを使わなければならないの?

避妊目的に限らず、月経痛の軽減やPMS(月経前症候群)などの治療目的に低用量ピル(OC/LEP)を服用する方が多くなっています。目的はなんであれ、避妊効果がある治療を行っている訳ですが、患者さんにはコンドームの使用を勧め ...

2021年3月1日「最後までいけないんです。」〜性交障害・射精障害は決して珍しいことではありません~

ある日の外来診療で、患者さん(ご主人)から、「射精障害」を相談されました。膣内 腟内30代半ばのその男性は、「妊娠に良いと思って、数年前に禁煙したんです。それと、同じように妊娠には悪いと聞き、お酒も毎日飲んでいたのを止め ...

2021年2月28日風疹ワクチン、男性も打ったら2ヶ月避妊?? ~風疹に関する質問~

平成30年から、風疹の全国的な流行がありました。残念ながら、妊婦さんが風疹にかかり、お腹の赤ちゃんが先天性風疹症候群になってしまった5例が報告されました。妊娠前に風疹ワクチンを接種していたら、防げた病気です。妊娠する前に ...

2021年2月27日コロナ禍で月経困難症、月経前症候群(PMS)が増えています。

当院でも採用している基礎体温サービスのルナルナを運営している(株)エムティーアイの発表(ルナルナ通信Vol.43)によると、コロナ前と比べて、生理痛や、PMS=月経前症候群に悩まされる女性が増えている、とのことです。コロ ...

2021年2月27日カンジダ腟炎(外陰腟カンジダ症)の再発予防に長期内服治療を行っています。

カンジダ外陰腟炎、気温や湿度の上昇とともに、多く診られるようになりますが、乾燥期を含めて一年中あります。女性にとって、不快ですね。カンジダ膣炎は、女性の4人に3人は、1回以上かかるとされる、大変多い婦人科のトラブルです。 ...

2021年2月27日ミレーナ 患者さんの声「先生、もっとみんなに広めるべきです。」

最近、若い患者さんでも希望される方が増えてきました。過多月経、月経困難症の治療薬、レボノルゲストレル放出子宮内システム(IUS)の「ミレーナⓇ」月経過多もともとは避妊効果を、より高めた避妊リングとして開発されたものですが ...

2021年2月27日胚移植後(着床期)の注意点 〜過ごし方、生活習慣、食べ物など〜

体外受精などの高度生殖医療では、受精卵を子宮に戻す「胚移植」が行われます。卵巣刺激から採卵、またそれに先立つプレトリートメントからの、一連の治療の最終段階となり、その後は受精卵が着床し、妊娠判定を待つだけとなります。これ ...

1 2 3 18 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.