横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

2021年10月23日乳がん検診は見逃しが多いから受けない? 〜日本の乳がん罹患率、年次推移〜

乳がんの検査には、「触診」「超音波検査」「マンモグラフィー」を中心に、MRIやPET検査などもありますが、「検診」としての有効性が示されているのは、唯一、マンモグラフィーだけです。そのため、40代以降に行われる自治体検診 ...

2021年10月23日妊婦健診での子宮頸がん発見

妊婦さんの子宮頸癌の報告です。公益財団法人日本対がん協会が、2017年の妊婦さんの子宮頸がんについて、全国の自治体をを対象にアンケートを行ったもので、全国1,741の自治体のうち、38%の664の自治体から得られた回答を ...

2021年10月23日コロナワクチン接種の後で不正出血があったのですが。

少し前に、閉経後の女性がコロナワクチン接種後に月経が来た、という海外のニュースを見て、その時はそんなはずはないだろう、とあまり深く考えていませんでした。ところが、まだ閉経はしていない、当院のスタッフや当院に通院している患 ...

2021年10月22日子宮内膜症治療薬「ジエノゲスト(ディナゲスト®)」

この記事の目次 子宮内膜症治療薬「ジエノゲスト」とは?偽閉経療法との違いは?ジエノゲストの副作用ジエノゲストの内服方法と服用期間、治療費その他の使用法ジエノゲスト(ディナゲスト)を服用していると、妊娠はしない?ジエノゲス ...

2021年10月22日子宮筋腫、治療の目安は?

婦人科の病気の中でも、もっともよくある病気の一つが子宮筋腫です。「筋腫といわれたことがある」方や、ご家族、ご友人に筋腫がある方も少なくないでしょう。 この記事の目次 子宮筋腫の頻度(有病率)子宮筋腫が見つかるきっかけ当院 ...

2021年10月22日「まだ生理が来ていないんですが、何歳になったら婦人科に連れて来たほうがいいですか?」中学生のお母さんからのご質問

中2生のお嬢さんが、まだ生理が来ていないのですが、と当院に通院中のお母さまから質問を頂きました。女性は何歳から月経が始まり、何歳になっても始まらない場合、心配すべきでしょう。原発性無月経、という定義があります。日本では満 ...

2021年10月22日乳がん検診を受けていますか? 10月は乳がん啓発月間です。〜当院通院中の患者さんの乳がん検診受診率〜

乳がん検診を受けていますか? 10月は世界的な乳がん啓発月間です。当院に通院されている患者さんに、「ここ1年以内の乳がん検診」について伺いました。お答え頂いたのは20〜70代の患者さん、計1,000名です。 乳 ...

2021年10月22日AMH(抗ミュラー管ホルモン)とは?

簡単に卵巣年齢、と表現されることもある、卵巣の予備機能を知る検査の一つがこの抗ミュラー管ホルモン(アンチミュラリアンホルモン)です。英語の頭文字をとってAMHとも呼ばれています。皆さんの卵巣には、原始卵胞という、これから ...

2021年10月21日ERA検査と子宮内フローラ検査の違いは? 〜着床障害の原因を検査する〜

着床障害とは、・良好胚を移植しても妊娠しない・化学流産になってしまうことなどを指します。これまでの原因不明不妊の中にも、着床障害(着床不全)があるかも知れません。着床障害の原因を検査する方法として、「子宮内フローラ検査」 ...

ERAとフローラの違い

2021年10月21日閉経前の乳がん発生は、アルコール摂取の頻度と量で増えることがわかりました。

愛知県がんセンターからの発表によると、閉経前の女性では、アルコール摂取の頻度や量が、乳がんの発生リスクを高めることがわかりました。約16万人もの女性を平均14年間、追跡調査したもので、2010年に5万人の日本人女性を対象 ...

1 2 3 19 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.