横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : ロング法

2022年6月30日仕事を続けながら、体外受精を受けられますか? 〜通院と採卵のタイミングは?〜

体外受精などの生殖補助医療(高度生殖医療)へのステップアップを検討している方が直面する問題で、仕事との両立、また通院しきれるのか、というものです。タイミング指導などの一般生殖医療では、不妊スクリーニング検査が終わると主に ...

2022年6月10日PPOS 〜新しい卵巣刺激法〜

PPOS、Progestin-primed Ovarian Stimulation、日本語に統一された訳語はまだありませんが、「黄体ホルモン併用卵巣刺激法」と言う意味です。体外受精などの生殖補助医療(高度生殖医療)では、 ...

2022年6月6日ロング法の点鼻薬、よくあるご質問

当院で行っている生殖補助医療(体外受精など高度生殖医療)では、卵巣刺激法(排卵誘発法)として、多くの方にロング法をお勧めしています。ロング法が最も妊娠・出産率が高いためで、FSHやHMGという注射製剤を使用するため、通院 ...

2022年6月4日体外受精では排卵誘発剤を必ず使わなければならないの?

高度生殖医療(生殖補助医療)とは、体外受精などの不妊治療を指しますが、多くの場合、排卵誘発剤を用いた卵巣刺激法を行い、採卵を行います。排卵誘発剤は、一般生殖医療でも、無排卵や、月経不順(排卵日が一定しない)場合にも使われ ...

2022年6月3日生殖医療で用いる点鼻薬「スプレキュア」「ブセレリン」(GnRHアゴニスト製剤)

生殖補助医療(高度生殖医療)のLong法や、排卵のコントロールに、点鼻薬のGnRHアゴニスト製剤を使用しています。スプレキュアが先発品でブセレリンが後発品(ジェネリック医薬品)で、成分はブセレリンで同じものです。 GnR ...

2022年6月3日ロング法のマイナートラブルやよくあるご質問 〜不正出血やおりものの変化〜

体外受精など生殖補助医療(高度生殖医療)の卵巣刺激法として多くの方にお勧めしているロング法。Long法ロング法では卵巣刺激(排卵誘発)して採卵する周期、の前の周期(プレトリートメント*)にLEP/OC(低用量ピル)を服用 ...

2022年5月27日自己投与が可能な遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤(リコンビナントFSH製剤)皮下注ペン、自己注射の動画を紹介します。

主に高度生殖医療のLong法や一般生殖医療で難治性の排卵障害で使われている、自己投与が可能な遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤(リコンビナントFSH製剤)、「ゴナールエフ®」皮下注ペンですが、取り扱いと注射の方法を紹介 ...

2019年1月5日平成31年年頭所感

新年明けましておめでとうございます。いよいよ平成最後の年が始まりました。今年は新しい時代を迎えることになりますね。さて、昨年も1年間、生殖医療(不妊治療)とウィメンズヘルスケアを二つの柱として患者さん皆さんの健康管理と、 ...

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.