横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : HPVワクチン

2022年5月24日コロナと子宮頸がんと、ワクチンを打たなければならないのですが 〜コロナワクチン、他のワクチンとの接種間隔は?〜

コロナワクチンと、他のワクチンを接種している・接種する予定、の方たちからの質問が増えています。現在国内で接種できるコロナワクチンは、・コミナティ(ファイザー)・COVID−19ワクチンモデルナ筋注(武田/モデルナ)の2種 ...

2022年5月10日4月からの公費キャッチアップ接種が行われています。〜HPVワクチンを受けられなかった、今年度25歳までの方へ〜

公費接種する機会を逃さざるをえなかった世代に改めて接種する機会を「キャッチアップ接種」と呼びます。令和4年4月から無料でキャッチアップ接種が行われています。横浜市では6月に対象となる方たちに、個別通知される予定ですが、今 ...

2022年5月9日9価のHPVワクチン「シルガード9」

9価のHPVワクチンが「シルガード9Ⓡ」が、令和3年2月24日に発売され、接種可能となりました。海外ではすでに販売されているもので、いよいよ日本国内でも接種できるようになり、これを待っていたように接種を開始した方や、お問 ...

2022年4月30日ティール&ホワイトリボンプロジェクト 〜このホームページの子宮頸がん関連記事をまとめています〜

認定NPO法人キャンサーネットジャパンが提唱している1月の「子宮頸がん啓発月間 〜ティール&ホワイトリボンプロジェクト〜」に賛同しています。11月は子宮頸がん予防啓発月間でした。11月、1月は当院のスタッフは、ティール& ...

2022年4月27日産婦人科クリニックさくらでHPVワクチンを接種した患者さんの推移と傾向

11月の子宮頸がん予防啓発月間「ティール&ホワイトリボンプロジェクト」を機会に、2010年からの12年間に、産婦人科クリニックさくらでHPVワクチンを接種した患者さんの推移と傾向をまとめましたので、その歴史的背景とともに ...

2022年4月25日HPVワクチンを受けていない世代の子宮頸がん患者数、死亡者数の推計が発表されました。

子宮頸ガン予防ワクチン(HPVワクチン・4価)は、小学5年生から高校1年生相当まで、助成を受けて無料で接種することができ、4月から3年間、25歳までの女性を対象にキャッチアップ接種も行われます。自己負担の場合、4価ワクチ ...

2022年4月23日4価HPVワクチンは、男児・男性への接種も可能です。

令和2年12月25日、4価のHPVワクチン、ガーダシル®︎の承認事項が変更されました。これまで9歳以上の「女性」であったものが、同じく9歳以上の「者」と変更になり、晴れて男児・男性への適応が拡大されました。院長の息子も、 ...

2022年4月22日英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されました。

子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告されました(Falcaro M et al. 2021)。この報 ...

2022年4月21日子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン) の公費接種 〜現在2価と4価が選択できます〜

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種を開始する女性がとても増えています。男性の接種も少しずつ増えています。周りの子がみんな受けている、と言う方や、周りは全然受けていないけど、と言う方も。お母さん達の間で、やはり ...

2022年4月20日4月よりHPVワクチンの積極的勧奨が再開されています。

HPVワクチンの積極的勧奨再開が決まり、横浜市でも今年の6月に中1から高1生までに、また来年3月に小6生に個別通知される予定です。厚生労働省は、今年4月から、個別通知を呼びかける「積極的勧奨」を各自治体に通知しました。す ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.