横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : FSH

2022年1月17日PPOS 〜新しい卵巣刺激法〜

PPOS、Progestin-primed Ovarian Stimulation、日本語に統一された訳語はまだありませんが、「黄体ホルモン併用卵巣刺激法」と言う意味です。現在当院の体外受精などの高度生殖医療で多くの方が ...

2022年1月7日DHEA よりよい受精卵を得るために 〜効果と服用の注意点〜

*一部の生殖医療機関ではDHEAの服用を推奨していない場合があり、当院にお越しになっても処方をお断りしています。詳しくはこちらをご覧ください。DHEA、Dehydroepiandrosterone(デヒドロエピアンドロス ...

2021年12月31日GnRHアンタゴニスト「レルミナ」錠が、子宮内膜症の適応を取得しました。

令和3年12月24日から、経口GnRHアンタゴニスト「レルゴリクス(レルミナⓇ)」が「子宮内膜症に基づく疼痛」の適応を取得しました。GnRHアンタゴニストとは、現在、体外受精などの高度生殖医療で、LHサージやFSHの分泌 ...

2021年12月24日ロング法のマイナートラブルやよくあるご質問 〜不正出血やおりものの変化〜

体外受精など高度生殖医療の卵巣刺激法として多くの方にお勧めしているロング法。Long法ロング法では卵巣刺激(排卵誘発)して採卵する周期、の前の周期(プレトリートメント*)にOC(低用量ピル)を服用し、3週目からGnRHア ...

2021年12月14日体外受精では排卵誘発剤を必ず使わなければならないの?

高度生殖医療(生殖補助医療)とは、体外受精などの不妊治療を指しますが、多くの場合、排卵誘発剤を用いた卵巣刺激法を行い、採卵を行います。排卵誘発剤は、一般生殖医療でも、無排卵や、月経不順(排卵日が一定しない)場合にも使われ ...

2021年12月12日自己投与が可能な遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤(リコンビナントFSH製剤)皮下注ペン、自己注射の動画を紹介します。

主に高度生殖医療のLong法や一般生殖医療で難治性の排卵障害で使われている、自己投与が可能な遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤(リコンビナントFSH製剤)、「ゴナールエフ®」皮下注ペンですが、取り扱いと注射の方法を紹介 ...

2021年12月8日Long法の点鼻薬、よくあるご質問

当院で行っている体外受精など高度生殖医療では、卵巣刺激法(排卵誘発法)として、多くの方にLong法をお勧めしています。Long法が最も妊娠・出産率が高いためで、FSHやHMGという注射製剤を使用するため、通院して注射を受 ...

2021年12月6日メラトニン 〜強い抗酸化作用をもつ催眠ホルモン〜

産婦人科クリニックさくらで扱っているサプリメントなどのうち、強い抗酸化作用を持つ催眠ホルモン「メラトニン」があります。メラトニンは、夜周囲が暗くなると脳の松果体という部分から分泌され、眠気を催すホルモンです。これはビタミ ...

2021年12月3日タイミング法の妊娠率

赤ちゃんを考えて受診されるカップルには、不妊スクリーニング検査と平行して、タイミング指導が行われることがほとんどです。さて、タイミング指導が行われた方はどれくらいの出産率だったでしょうか。2018年に来院された患者さんの ...

2021年11月14日妊娠するためのカラダ作り 〜カウフマン療法〜

カウフマン療法とは、婦人科で行うホルモン治療の代表とも言える方法で、・卵巣性卵巣機能低下・排卵障害などに効果があります。加齢に伴う卵巣機能低下を、卵巣性卵巣機能低下と呼びます。おおむね以下のいずれかが該当する場合で、・4 ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.