横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : 排卵誘発剤

2022年5月28日「毎月右左、交代で排卵しますよね?」 ~排卵に関するいくつかの誤解~

「排卵は左右の卵巣から交互に起こる」「今月右だったから、来月は左だな」「先月、左の排卵痛だったのに、今月も左に排卵痛、私の右の卵巣はどうなっちゃたの?」「私の排卵、いつも左(右)なんですけど」「片方の卵巣には卵胞が育たな ...

2022年5月27日自己注射が可能な新しい排卵誘発剤「レコベル」を採用しています。

現在、生殖補助医療で、自己投与ができる排卵誘発剤として、「ゴナールエフ皮下注ペン」を採用していますが、新しく「レコベル®︎」も採用して、患者さんに使っていただいています。レコベルは、患者さんの抗ミュラー管ホルモン(AMH ...

2022年5月26日採卵周期の性交渉は? 胚移植の周期は?

体外受精など、高度生殖医療を行っている方で、治療周期の性交渉はどうしたらよいでしょうか。タイミング法を行っている場合でも、排卵期にしか性交渉をしなくて、さらに、ご主人がマスターベーションをしない場合、精液所見が悪いことが ...

2022年5月26日レトロゾール「フェマーラ」 ~排卵誘発剤としての効果と副作用~

「レトロゾール(フェマーラ®)」は、日本では「閉経後乳がん」が保険適応とされてきましたが、 生殖医療(不妊治療)や体外受精などの生殖補助医療(高度生殖医療)で、排卵誘発剤として使われてきました。令和4年4月の不妊治療の保 ...

2022年5月26日不妊と流産の原因「黄体機能不全」

「黄体(おうたい)」とは、排卵した卵胞が「黄体化」して(本当に黄色く変化します)、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌するようになります。 この黄体ホルモンの作用は、・体温上昇作用があり、基礎体温が上昇して高温相が形成さ ...

2022年5月26日子宮内膜の厚さ 〜着床障害の原因〜

不妊治療(生殖医療)において、受精した卵(胚)が「着床」する子宮内膜は、とても重視されています。着床する際、子宮内膜は胚(受精卵)にとって、簡単に言えば、ベッドに例えられます。良質なベッドであれば着床しやすく、子宮内膜の ...

2022年5月25日クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられるほど、とてもメジャーな薬剤で ...

2022年5月25日排卵誘発剤を使うと閉経が早くなりますか?

生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤を使うことがあります。タイミング法などの一般生殖医療では、排卵が出来ない場合や排卵が不規則(=月経不順)、また自然に排卵できていてもエストロゲン(E2)が十分に高くならない場合などに、 ...

2022年5月19日妊娠するためのカラダ作り 〜カウフマン療法〜

カウフマン療法とは、婦人科で行うホルモン治療の代表とも言える方法で、・卵巣性卵巣機能低下・排卵障害などに効果があります。加齢に伴う卵巣機能低下を、卵巣性卵巣機能低下と呼びます。おおむね以下のいずれかが該当する場合で、・F ...

2022年5月17日産婦人科クリニックさくらでの理学療法は、どんな症状に向いていますか?

よくあるご質問の一つです。当院で行っている理学療法は、広く知られているリハビリテーションを目的とするものではなく、ウィメンズヘルスケアの一つと考えています。ウィメンズヘルスケアと言っても様々で、・産後の体調不良・臓器脱、 ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.