横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : エストロゲン

2022年7月1日「安いからピルなどのお薬をサイトで購入しています」

先日この記事を読んで、怖くなり、やはり産婦人科で処方してもらおう、と受診された患者さんがいらっしゃいました。サイトでの購入は絶対に止めて下さい。医療関係者なら、怖くて絶対に買わないと思います。また、薬事法違反にあたるため ...

2022年6月18日ホルモン補充療法中は、決められた検査を受けてください。〜更年期障害治療のご案内〜

 更年期障害とは? そして何が問題か? 現代の日本人女性の閉経年齢は、平均的には50〜52歳、とされています。更年期、とは、閉経の前後5年、計10年を指します。この更年期の間に、卵巣機能の低下により、女性ホルモ ...

2022年6月15日中枢性卵巣機能不全とは ~視床下部性、下垂体性〜

視床下部、下垂体が原因で起こる卵巣機能不全は、「中枢性卵巣機能不全」とも呼ばれます。視床下部、下垂体、ともに脳の一部にあり、卵巣機能を司る、まさに「中枢」といえます。この病態を理解するためには、視床下部―下垂体―卵巣の機 ...

2022年6月14日女性の様々なトラブル対策・予防に、エクオール検査「ソイチェック」とエクオールサプリメント「エクエル」をお勧めします。

大豆イソフラボンから、腸内細菌が作り出す「エクオール」をご存知でしょうか。日本人はこのエクオールを作れる割合が国際的には多い方ですが、それでも半数の方が作ることが出来ません。さらに20、30歳代では、5人に1人しか作るこ ...

2022年5月27日自己投与が可能な遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤(リコンビナントFSH製剤)皮下注ペン、自己注射の動画を紹介します。

主に高度生殖医療のLong法や一般生殖医療で難治性の排卵障害で使われている、自己投与が可能な遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤(リコンビナントFSH製剤)、「ゴナールエフ®」皮下注ペンですが、取り扱いと注射の方法を紹介 ...

2022年2月12日「排卵と月経のしくみ、妊娠、ホルモンの正常と異常」院内研修会をYouTubeにアップしました。

当院ではウィメンズヘルスケアと生殖医療を二つの柱として診療を行っています。新しく入職した職員に向けて、また内容がアップデートされた際に院内研修会を行います。内容は多岐に渡り、14回シリーズになりますが、院外の方が参加して ...

2021年11月5日ウリプリスタル酢酸エステルの国内での承認申請は取り下げられました。

新しい子宮筋腫治療薬である「ウリプリスタル酢酸エステル(UPM)・選択的プロゲステロン受容体調節剤(SPRM)」は、欧州で重篤な肝障害が報告されている、と、国内での承認申請は取り下げられ、今後再度承認申請が行われる予定は ...

« 1 2 3

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.