横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : エストロゲン

2021年9月4日子宮筋腫治療薬「レルミナ」 〜経口GnRHアンタゴニスト「レルゴリクス」〜

令和2年3月1日から、新しい子宮筋腫治療剤(経口GnRHアンタゴニスト)「レルゴリクス(レルミナⓇ)」の長期処方が出来る様になりました。保険適用された患者さんの負担額は、月に8,150円くらいです。長期投与とは、何ヶ月、 ...

2021年9月2日不妊と流産の原因「黄体機能不全」

「黄体(おうたい)」とは、排卵した卵胞が「黄体化」して(本当に黄色く変化します)、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌するようになります。 この黄体ホルモンの作用は、・体温上昇作用があり、基礎体温が上昇して高温相が形成さ ...

2021年8月19日低用量ピルやホルモン補充、ホルモン治療を受けている患者さんへ 〜新型コロナウイルスと血栓症〜

現在、ワクチンと血栓症の関連が心配されていますが、こちらはウイルス感染との関連です。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染(COVID-19)により、全身の凝固能が亢進し、血栓症を生じることが知られています。ま ...

2021年7月21日中枢性卵巣機能不全とは ~視床下部性、下垂体性〜

視床下部、下垂体が原因で起こる卵巣機能不全は、「中枢性卵巣機能不全」とも呼ばれます。視床下部、下垂体、ともに脳の一部にあり、卵巣機能を司る、まさに「中枢」といえます。この病態を理解するためには、視床下部―下垂体―卵巣の機 ...

2021年7月9日更年期障害治療のご案内

 更年期障害とは? そして何が問題か? 現代の日本人女性の閉経年齢は、平均的には50〜52歳、とされています。更年期、とは、閉経の前後5年、計10年を指します。この更年期の間に、卵巣機能の低下により、女性ホルモ ...

2020年5月5日ウリプリスタル酢酸エステル 〜新しい子宮筋腫治療薬、選択的プロゲステロン受容体調節剤〜

昨年新しい子宮筋腫治療薬「レルゴリクス」が発売されたばかりですが、今年も注目されている子宮筋腫治療薬が、新たに処方できるようになるかも知れません。現在開発中の選択的プロゲステロン受容体調節剤(SPRM)、ウリプリスタル酢 ...

« 1 2 3

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.