横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : ウィメンズヘルス

2021年9月21日緊急避妊薬はジェネリック医薬品の「レボノルゲストレル」を処方しています。

コンドームが破れた、外れた、着けていなかった時に、妊娠が心配になりますよね。普段から低用量ピル(OC)を飲んでいる、避妊用の子宮内リングを装着している場合を除けば、妊娠を避ける方法はアフターピル(緊急避妊薬、モーニングア ...

2021年9月12日「まだ生理が来ていないんですが、何歳になったら婦人科に連れて来たほうがいいですか?」中学生のお母さんからのご質問

中2生のお嬢さんが、まだ生理が来ていないのですが、と当院に通院中のお母さまから質問を頂きました。女性は何歳から月経が始まり、何歳になっても始まらない場合、心配すべきでしょう。原発性無月経、という定義があります。日本では満 ...

2021年9月9日月経困難症治療薬「ディナゲスト錠0.5mg」

ディナゲストと言えば、子宮内膜症の治療薬として有名。現在ではジェネリック医薬品の「ジエノゲスト」として処方されることが多くなりました。このディナゲストの通常の半量、0.5mg錠が令和2年5月28日から「月経困難症」を対象 ...

2021年9月7日若年女性の「多のう胞性卵巣」や「月経不順」「無月経」の治療法 〜カウフマン療法やホルムストローム療法など〜

若年女性の「多のう胞性卵巣」や「月経不順」とは月経が来ない(無月経)であったり、月経が不順であったり。生理がこない 月経が来ないのを楽でいい、と思ってしまう若い方もいますが、いつ来るのか予定が立てにくい、妊娠したのではな ...

2021年9月7日子宮筋腫、治療の目安は?

婦人科の病気の中でも、もっともよくある病気の一つが子宮筋腫です。「筋腫といわれたことがある」方や、ご家族ご友人に筋腫がある方も少なくないでしょう。子宮筋腫の頻度(有病率)子宮筋腫、日本での正確な統計はありませんが、一般的 ...

2021年8月30日低用量ピルを飲んでいますが、いつまで飲んだら良いですか? 〜OC/LEPのやめどき〜

OC/LEP(低用量ピル)を服用されている患者さんから、「いつまで飲む必要があるか?」「いつ止めたらいいのか」は、時々いただく質問です。答えは、OC/LEPの服用を開始した理由によります。・「避妊」目的→妊娠の可能性があ ...

ピル

2021年8月26日子宮頸がん検診(細胞診)について

子宮頸がん検診は、腟の一番奥で、子宮の出口である子宮頸部をブラシでこすり、得られた細胞を検査するものです。会社で行われる検診などでは自己採取法も採用されていますが、自己採取のHPV検査は別として、細胞診(細胞の検査)は精 ...

2021年8月25日乳がん検診は見逃しが多いから受けない? 〜日本の乳がん罹患率、年次推移〜

乳がんの検査には、「触診」「超音波検査」「マンモグラフィー」を中心に、MRIやPET検査などもありますが、「検診」としての有効性が示されているのは、唯一、マンモグラフィーだけです。そのため、40代以降に行われる自治体検診 ...

2021年8月21日生理痛、どこで相談していますか? 〜低用量ピルや黄体ホルモン製剤も検討しましょう〜

毎月訪れる月経痛に悩まされている方、少なくありません。毎回辛い思いをするけど、女性だから仕方ない、生理痛があるのが当たり前、とか、痛い日々が過ぎた後は痛みは無くなってしまうから。。と、月経痛を軽く考えていませんか?「生理 ...

2021年8月19日低用量ピルやホルモン補充、ホルモン治療を受けている患者さんへ 〜新型コロナウイルスと血栓症〜

現在、ワクチンと血栓症の関連が心配されていますが、こちらはウイルス感染との関連です。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染(COVID-19)により、全身の凝固能が亢進し、血栓症を生じることが知られています。ま ...

1 2 3 6 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.