妊娠を考え、今、生殖医療(不妊治療)を受けていらっしゃる皆さま。

4月1日、日本生殖医学会から、現在おこなっている治療を、一時延期するよう声明が出されましたが、本日5月18日、治療の再開を考慮するよう通知がありました。 

治療の延期が勧められた主な理由としては、新型コロナウィルス肺炎による、

妊婦の重症化の可能性

今のところ新型コロナウィルスにより、特に妊婦さんに重症化が多いというデータはなく、むしろ少ないのではないかとも言われていますが、報告数がまだ少なく、一定の見解に達していません。また、インフルエンザなどの一般的なウィルス性肺炎は、妊婦さんは重症化リスクがあり、新型コロナウィルスにおいても、高齢者や基礎疾患を持つ方と同じ扱いとされています。

妊婦さんの感染の情報は、こちらもご覧下さい。

新型コロナウィルス肺炎 〜妊娠中、授乳中の方、不妊治療中の患者さんなど妊娠を考えている方へ〜

・治療法がない、特に妊娠中の薬剤投与の制限

例えば効果が期待される抗インフルエンザ薬「アビガン®」や抗HIV薬「カレトラ®︎」は赤ちゃんへの影響から、妊婦さんに使うことが出来ません。

また、妊娠した場合にも、感染地域からの移動が制限されるため、帰省分娩(里帰り出産)が出来ない可能性もあります。


その他、流行地では医療機関にすぐに入院が出来ない問題もありました。

治療再開の、おおよその目安として、

・妊婦さんにも使用できる予防法や治療の確立

・新型コロナウィルス流行拡大の危険が無くなるまで

が示されていましたが、全国的に緊急事態宣言が解除され、8つの特定警戒都道府県は引き続き緊急事態宣言は継続されています。東京都、神奈川県ももちろんこの8つに含まれています。

上記の学会の通知でも、やみくもに治療の再開を促すものではなく、都道府県や地域の感染の動向をよく相談することや医療供給体制などの社会状況にも配慮が求められています。


妊娠の一時延期を選択された場合、生殖医療(不妊治療)を中断し、上記の状況改善を待つだけではなく、当院は以下の方針を提言しています。

・不妊原因を再度見直し、生活習慣の改善や治療を行う。

・これまでの治療で妊娠していない、また妊娠までの時間に余裕がない場合には体外受精などの高度生殖医療を行い、受精卵を凍結しておく。


不妊の原因はたくさんあります。これまで行っていない検査を見直しましょう。また、原因によってはこの機会に改善できるかも知れません。

例えば、子宮内膜症は、有効な治療を行っている間、排卵が止まるため妊娠することが出来ません。一時的に内膜症治療に切り替えることを検討しましょう。

また、排卵障害の方には排卵誘発剤を使いますが、卵巣機能を改善したり、体質改善に望むことで排卵しやすい体質を作りましょう。

卵巣機能が悪い(FSHが上昇、またはAMHが低下)場合、原因に応じた対策を行いましょう。

体重が多い、または軽い方も適正な体重を心がけましょう。

ご主人の精液検査をまだ受けていない方も、この機会に取り組んで下さい。精液所見が良くない場合、有効な治療法がなかなかないため、改善に時間がかかることがあります。

考えればやっておける対策はあるはずです。この時間を無駄にせず、近い将来に妊娠するため、また体質改善により、健康な身体をつくり、維持することは、未知の病気に対しても抵抗力を付けることが出来るはずです。


そろそろステップアップして体外受精などの高度生殖医療を考えようと思っていた方や、卵巣機能が低下していたり年齢が高い方は、受精卵を凍結保存しておくことも検討しましょう。

凍結保存した受精卵は、数ヶ月後、半年後、または1年後になるかも知れないこの期間にも、基本的に劣化することがありません。今の受精卵を保管しておくことが出来るのは、高度生殖医療の大きなメリットです。


お一人お一人と対策を考えますので、是非ご来院の上で、相談いたしましょう。


感染拡大の影響で、やらなければならないことは多いですが、赤ちゃんが欲しい方も、今できること、やっておいた方が良いことを、一緒に考えていきましょう。


既に妊娠されている方は、感染による重症化が最も心配される点です。

おそらく最も心配されている赤ちゃんの先天異常は、風疹などと異なり、現在までのところ、報告がありません。

また今のところ赤ちゃんへの胎内感染も稀なケースしか報告がありません。

是非、ご主人や周りの方と一緒に、これまで以上に感染予防に努めてください。

初出:令和2年4月2日
補筆修正:令和2年4月3日、4日、10日、11日、15日、5月11日、18日、19日、6月4日