お気に入りのフレグランスを身にまとって外出するのは、女性のみならず、男性でもたしなんでいる方はいらっしゃると思います。

好きな香りを使う自由と、周囲に及ぼす影響と、相反しますが、医療機関ではなるべく控えていただく様お願いしています。


理由として、

・つわりや体調不良など、においに敏感な患者さんも通院しています。

・患者さんのプライバシーを保つため、個室空間が多いですが、香りがこもってしまい、次の方が使うことができません。香水を使ってらっしゃる患者さんの診察が終わると、その方の診察後には毎回消臭作業を行うため、次の患者さんたちをお待たせしています。

・香水の主成分は石油化合物です。アレルギーを起こしてしまう方もいらっしゃいます。

ご自身が楽しまれるのは自由ですが、周囲の患者さんに及ぼす影響、また医療機関が消臭作業まで行っていることはご存じないと思います。

多くの患者さんが通院される施設ですので、どうぞご配慮をお願い申し上げます。


なお、当院でもリラクゼーションや感染症対策を目的に純度の高いアロマオイルを使っています。
アロマオイルと香水は全く別のものですが、不快に思われる方は遠慮なく仰ってください。