産婦人科クリニックさくらは、タイミング療法から体外受精などの高度生殖医療までの生殖医療(不妊治療)も行う一方で、ウィメンズ・ヘルスケアも大切な柱として診療しています。

大切にしていることは、

患者さんに寄り添うこと。

*様々なライフステージの体調の変化に寄り添うこと、

*若年の時から相談できる環境を整えること(「赤ちゃんがほしい」と望んだ時に授かれる環境を作っておく)、

*不妊治療中の患者さんの気持ちに寄り添うこと、

最終的にこのクリニックに「通ってよかったな」

そう感じていただけるクリニック作りを目指しています。

業務に慣れるまでは専門用語など、戸惑うこともあると思いますが、何より大切なのは患者さんを思いやる気持ち。優しさと向上心を持った方を募集します。

募集要項

☆看護師☆

業務内容:看護師(常勤・パート)

給与:常勤月額28万円〜、パート時給2000円〜。

☆受付・看護助手☆

業務内容:受付・看護助手(常勤・パート)

給与:常勤月額18万円~、パート時給1300円〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《スタッフ共通の条件》

勤務日:月~土。常勤は週に36時間(土曜日は午前)。

勤務時間:9時30分~19時30分(休憩1時間)のシフト制、1日8時間勤務。診療状況によっては早出、残業あり。

 休日休暇:日曜、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇
 

待遇:常勤は各種保険完備、昇給賞与有り。パートは条件により各種保険完備、昇給有り。

交通費全額支給、制服貸与、福利厚生(健康診断、スタッフルーム完備)、残業手当有り。試用期間3ヶ月。

優遇:残業が出来る方、常勤希望の方。また受付・看護助手は医療機関での勤務経験者。

明るい方、患者さんを大切にする方、スタッフ間の協調性のある方を希望します。
勤務時間、曜日は相談に応じます。

院内の見学にも応じます。ご連絡の上、お気軽にお越しください。

ご応募は、下記宛てに履歴書をご送付下さい。

〒225−0003 横浜市青葉区新石川2−9−3 産婦人科クリニックさくら 採用担当係まで

追って面接の日程を連絡いたします。

★東急田園都市線たまプラーザ駅南口から徒歩2分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際どんな職場なの??

20〜40代、女性ばかりの職場です。

スタッフは看護師6名、受付3名、看護助手2名、胚培養士4名、医師4名で、スタッフは全員女性。 

クリニック主催の納涼会や忘年会、仕事に限らず食事会を開いたりと、イベントは多い方だと思います。

一緒に楽しめる方だと嬉しいです。

 

月1回のミーティングに、各種委員会。

毎月月末に開催する全体ミーティングでは、各部門で話し合った内容や、各種委員会の取り組みを発表しています。 

例えば、

「患者さんサービス向上委員会」では患者さんにアンケートをとり、

トイレや空調等の設備、スタッフの対応など満足度を調査し改善に努めています。

発言力のある方や細やかな気遣いが出来る方にはぴったりな委員会です。

 
 

「学術委員会」では、年間計画を立て院内で行った治療をデータ化し学会などで発表したり、患者さんへの情報提供をしています。

このデータでより良い治療方針を検討する、とても重要な委員会です。

データ整理が得意な方、募集しています!

 
 
 

「ホームページ印刷物管理委員会」ではホームページの更新、どのようにレイアウトしたら見やすくなるかを検証し、改善しています。

また、患者さんにお渡しする資料や院内掲示物など、随時見直しを行っています。

パソコン関係に強い方、委員会の一員になりませんか?

今はイメージカラーの青を基調としたHP。コンテンツも日々更新中!

最後に、どんな職種なのかわかりにくい、と言われる

看護助手の仕事、って?

看護助手(29歳)に、看護助手の仕事を紹介してもらいました。

Q.あらためて看護助手として、どんな仕事をしていますか?

ー医師や看護師さんの業務に加えて、クリニック全体の業務がスムーズにできるよう、サポートすることです。

具体的には、患者さんへの声かけや診察室へのご案内、院内で患者さんが心地よく過ごせるような環境を整えます。

診察の介助、処置の準備や片付け、医療器具の洗浄、滅菌、と言って器具を消毒するような仕事があります。

とても幅広く業務に関わっていると思います。

Q. これまで看護助手をしていて、嬉しかったことはありますか?

ーはい、長く不妊治療をした患者さんが妊娠され、出産する施設にご紹介するときです。

産婦人科クリニックさくらでは、紹介する時を「卒業」と呼んでますが、「卒業」される患者さんを見送る時が、一番嬉しいです。

 

Q. では反対に、大変だな、辛いな、と思うことは?

ー初めて知ることが意外に多くてびっくりしましたが、産婦人科の知識は自分自身のためにもなるので日々学んでいます。

Q. 最後にこれから入職される方に一言ありますか?

ー私も産婦人科の仕事が初めてしたが、マニュアルや研修があり、わかりやすく丁寧に教えてくれました。

いつでもフォローしてもらえる環境なので、初めての方でも安心して仲間に入ることが出来ると思います。ぜひ、一緒に働きませんか?