横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート

お知らせ

高度生殖医療(体外受精・胚移植など)

2022年1月19日2月9日(水)午前の佐野麻利子医師の外来は休診です。〜最新の診療情報 1月から3月の診療のお知らせ〜

2月9日(水)午前の佐野麻利子医師の外来は休診です。年が明けてオミクロン株の急速な流行拡大がみられていますが、外来診療は感染予防対策を講じながら、通常通り行っております。皆さまへ改めて感染防止に対してお願いとお知らせがあ ...

2022年1月17日高度生殖医療の助成金制度のご案内【YouTube動画アップデートしました】

体外受精、顕微授精など、高度生殖医療は、条件を満たすとお住まいの自治体より助成金の交付を受けることが出来ます。菅政権は、令和4年4月より、高度生殖医療を保険診療の対象とするこを決定していますが、それまでの1年余りの間、現 ...

2022年1月16日高度生殖医療説明のYouTube動画第3部「高度生殖医療の実際」をアップデートしました。〜新型コロナウィルス肺炎感染防止に向けた取り組み・5〜

令和2年2月に行った第97回の高度生殖医療説明会は、新型コロナウィルスの流行を受け、「不要不急の集まり」を避けるよう指示されていたことから、初めてYouTube配信による視聴も行いました。その後の高度生殖医療説明会も、未 ...

2022年1月16日高度生殖医療のYouTube説明動画が視られない場合には、情報をお寄せください。

高度生殖医療の説明会の代わりに、YouTubeで説明動画を公開しています。第1部から第4部までありますが、最も時間が長い第3部を、iPhoneで視られない、と患者さんから情報を頂きました。令和4年1月15日にアップデート ...

2022年1月13日排卵のトリガーに用いるHCG製剤「オビドレル」は自己注射が可能です。

排卵させるトリガーに用いるHCG製剤「オビドレル®」の自己注射指導を行っています。タイミング法や人工授精(AIH)の排卵日をコントロールしたり、体外受精などの高度生殖医療で採卵を行う前に用いるHCG製剤です。最適な排卵日 ...

2022年1月12日高度生殖医療料金表を改訂しました。

体外受精などの高度生殖医療では、今年3月まで、一切の保険診療が認められず、全て自費診療となります。産婦人科クリニックさくらでは、各業者さんと折衝を繰り返し、またより良くより安価な製品がないか、治療を受ける皆さんの負担減と ...

2021年9月30日令和3年10月1日より、自費診療料金の一部を改訂します。

医療資材や物品の価格変動にともない、10月1日(金)から自費診療費の一部を改定します。《高度生殖医療》*採卵 165,330円→164,450円*卵採取、5個ごとに 34,100円→33,880円*採卵、卵子が採れなかっ ...

2021年6月14日採卵・胚移植の曜日と時間のお知らせ

体外受精などの高度生殖医療で行う採卵、胚移植ですが、令和3年5月から、基本的に、採卵・胚移植は、月〜金曜日に行っています。・採卵8時45分〜9時15分の間にお越し頂きます。・胚移植12時30分  30分前にお越し頂いて、 ...

2021年3月28日さくら相談室の予約は、Webからもお取り頂けます。

平成31年2月1日より、さくら相談室の予約もwebから可能となりました。さくら相談室では、以下の相談内容を承っております。1,妊娠を考える方への検査のご案内2.治療について疑問や相談3.高度生殖医療説明会の代わりとして4 ...

2021年1月5日高度生殖医療に用いる黄体ホルモン腟錠は「ワンクリノン腟用ゲル」を処方しています。

高度生殖医療で胚移植後の黄体補充に用いる黄体ホルモン腟錠は「ワンクリノン腟用ゲル®」を処方しています。当院で黄体ホルモン腟錠「ルティナス®」「ウトロゲスタン®」「ワンクリノン」それぞれの出産率を比較しましたが、いずれも治 ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.