横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

お知らせ

新型コロナウィルス対策

2021年3月3日高度生殖医療説明のYouTube動画をアップデートして公開しました。〜新型コロナウィルス肺炎感染防止に向けた取り組み・5〜

令和2年2月に行った第97回の高度生殖医療説明会は、新型コロナウィルスの流行を受け、「不要不急の集まり」を避けるよう指示されていることから、初めて、YouTube配信による視聴も行いました。その後の高度生殖医療説明会も、 ...

2021年3月3日令和3年1月以降、妊娠判定を行った胚移植患者さんは、特定不妊治療助成の対象となります【YouTube動画あります】

気付いていらっしゃらない方が多いため、当院の対象となる患者さんにはメールで連絡しています。体外受精、顕微授精など、高度生殖医療は、条件を満たすとお住まいの自治体より助成金の交付を受けることが出来ます。菅政権は、令和4年4 ...

2021年2月22日2月16日(火)より、オンライン診療のシステム変更と情報通信器機の運用に係る実費がかかるようになります。〜新型コロナウィルスの感染防止に向けた取り組み・4〜

新型コロナウィルス肺炎の流行の拡大を防止するため、外来診療を電話等の通信機器を用いて行うことが認められています。オンライン診療も、通院途中や院内での感染のリスクを避ける方法として注目され、令和2年4月11日付の通達で、初 ...

2021年2月1日「不織布マスクを着け、鼻は出さない」はマナーです。〜マスクの正しい知識・新型コロナウイルス感染防止に向けた取り組み・10〜

最近のニュースバラエティでも、「不織布マスク警察」が話題となっていますが、布やウレタン製のマスクでは予防効果が劣るため、不織布マスクが推奨されています。新年のネットTVを視ていたら、とある言論雑誌の編集長が、私はほとんど ...

2021年1月9日緊急事態宣言再発出を受けて、皆さまへ、改めてお願いとお知らせです。

緊急事態宣言が再発出されましたが、産婦人科クリニックさくらでは、通常通りの診療を行っています。新型コロナウイルスの流行を受けて、当院でも日本医師会が提唱している、・定時的、常時換気・定期的な消毒作業やスタッフの手指消毒・ ...

2020年11月28日コロナウイルスの陽性者が増えています。ご家族の付き添いはご遠慮ください。〜来院前にご確認頂きたい、新型コロナウィルス感染防止に向けた取り組み・7〜

これまで新型コロナウィルスに対して、主に6つの取り組みを行ってきましたが、医師会からの指導や、他の医療機関と情報交換を行い、以下の取り組みを行っています。通院される患者さんのご協力も必要となりますので、よろしくお願いいた ...

2020年8月18日長期処方を行っています。〜新型コロナウィルス肺炎感染防止に向けた取り組み・2〜

病状が落ち着いていて、主に薬の処方のみで来院されている場合、来院回数を減らす目的に長期処方を行っています。現在、主な処方は、1〜3ヶ月を目安に処方していますが、低用量ピルや、子宮内膜症治療薬のジエノゲスト、安定している方 ...

2020年7月31日来院前の検温と申告のお願い 〜新型コロナウィルス肺炎感染防止に向けた取り組み・8〜

緊急事態宣言が発表され、当院の新型コロナウィルス対策を追加しました。ご家族の付き添いはご遠慮ください。〜来院前にご確認頂きたい、新型コロナウィルス感染防止に向けた取り組み・7〜この中で来院前の検温をお願いしていますが、来 ...

2020年7月22日生殖医療(不妊治療)を再開しましょう 〜妊婦さんの新型コロナウィルス肺炎の重症化などの影響を考慮して〜

4月1日、日本生殖医学会から、不妊治療を、一時延期するよう声明が出されましたが、5月18日、治療の再開を考慮するよう通知がありました。 治療の延期が勧められた主な理由としては、新型コロナウィルス肺炎による、・妊婦の重症化 ...

2020年5月9日漢方専門外来もオンライン診療可能となりました 〜新型コロナウィルス 感染防止に向けた取り組み・9〜

新型コロナウィルス対策として、漢方専門外来もオンライン診療を行います。対象:漢方専門外来を2ヶ月以内に受診された再診患者さんで、以下の内容をご了承いただける方です。 漢方専門外来の特徴である脈診を行うことが出来ませんので ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.