横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

婦人科一般

2021年10月23日妊婦健診での子宮頸がん発見

妊婦さんの子宮頸癌の報告です。公益財団法人日本対がん協会が、2017年の妊婦さんの子宮頸がんについて、全国の自治体をを対象にアンケートを行ったもので、全国1,741の自治体のうち、38%の664の自治体から得られた回答を ...

2021年10月22日子宮筋腫、治療の目安は?

婦人科の病気の中でも、もっともよくある病気の一つが子宮筋腫です。「筋腫といわれたことがある」方や、ご家族、ご友人に筋腫がある方も少なくないでしょう。子宮筋腫の頻度(有病率)子宮筋腫、日本での正確な統計はありませんが、一般 ...

2021年10月22日「まだ生理が来ていないんですが、何歳になったら婦人科に連れて来たほうがいいですか?」中学生のお母さんからのご質問

中2生のお嬢さんが、まだ生理が来ていないのですが、と当院に通院中のお母さまから質問を頂きました。女性は何歳から月経が始まり、何歳になっても始まらない場合、心配すべきでしょう。原発性無月経、という定義があります。日本では満 ...

2021年10月22日乳がん検診を受けていますか? 10月は乳がん啓発月間です。〜当院通院中の患者さんの乳がん検診受診率〜

乳がん検診を受けていますか? 10月は世界的な乳がん啓発月間です。当院に通院されている患者さんに、「ここ1年以内の乳がん検診」について伺いました。お答え頂いたのは20〜70代の患者さん、計1,000名です。 乳 ...

2021年10月21日閉経前の乳がん発生は、アルコール摂取の頻度と量で増えることがわかりました。

愛知県がんセンターからの発表によると、閉経前の女性では、アルコール摂取の頻度や量が、乳がんの発生リスクを高めることがわかりました。約16万人もの女性を平均14年間、追跡調査したもので、2010年に5万人の日本人女性を対象 ...

2021年10月21日偽閉経療法の副作用とその対策

偽閉経療法は、子宮内膜症や子宮筋腫の薬物療法の中で、最もエストロゲンの分泌レベルを低下させるため、最も効果が高い治療法です。偽閉経療法の副作用のうち、最初の頃にみられるのが不正出血です。閉経の状態になるはずなのに、出血が ...

2021年10月20日ピルを飲むと乳がんは増えるの? 〜低用量ピルの服用中も乳がん検診をしましょう〜

乳がん患者さんや、乳がん治療後5年以内の患者さんは、女性ホルモンであるエストロゲンや黄体ホルモンの治療が受けられません。乳がんを悪化させたり、再発させる可能性があるからです。一方で、ピルを飲むと乳がんのリスクが上がるでし ...

ピル

2021年10月19日痛みを伴う検査の前の鎮痛・除痛処置

どんな検査や処置に痛みが伴うの?産婦人科クリニックさくらで行っている検査や処置の中で、痛みを伴うものは、・卵管通水検査・子宮体がん検査・子宮内フローラ検査・ERA検査・IUS(ミレーナ®︎)、IUDの挿入・子宮脱のペッサ ...

2021年10月18日婦人科の病気や治療中でも月経中でもコロナワクチンを接種できます。〜子宮腺筋症、子宮内膜症、ピル、ジエノゲスト、レルミナ、子宮筋腫など〜

5月に、新型コロナウイルスワクチンを接種して5日後に亡くなった40代の子宮腺筋症の女性のニュースがありました。厚生労働省の調査では、半年前まで治療を受けていた方で、子宮腺筋症が原因で肺塞栓を起こし、亡くなってしまった、と ...

2021年10月17日子宮筋腫と不妊

子宮内膜症に比べると、子宮筋腫は不妊症の原因として、また臨床症状も、問題とならない場合が多いです。子宮筋腫について、治療の目安はこちらも参考にして下さい。不妊の原因となる筋腫は、「子宮内膜を圧排する」筋腫です。また卵管を ...

1 2 3 8 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.