横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート
院長ブログ

婦人科一般

2021年4月9日ピルは太る? 将来妊娠しにくくなる? 〜低用量ピル(OC/LEP)にまつわる誤解〜

低用量ピル(OC/LEP)は、避妊だけではなく、月経痛やPMS(月経前症候群)、月経不順や子宮内膜症の治療と、副効用(副作用とは異なる、主作用以外の良い作用)を目的とした服用が大変多くなっています。よくいただく質問の中に ...

ピル

2021年4月9日「安いからピルを個人輸入しているサイトで購入しています」

絶対に止めて下さい。先日も違法サイトを発見したので、厚生労働省に通報しました。以前、当院でピルを処方した患者さん、ピルを開始した後、頭痛やだるさ、そして視野が一部見えにくくなっている、と言う症状がありました。すぐに休薬し ...

2021年4月8日カンジダ腟炎(外陰腟カンジダ症)の内服治療 〜治療と再発予防の長期内服〜

カンジダ外陰腟炎、気温や湿度の上昇とともに、多く診られるようになりますが、乾燥期を含めて一年中あります。女性にとって、不快ですね。カンジダ膣炎は、女性の4人に3人は、1回以上かかるとされる、大変多い婦人科のトラブルです。 ...

2021年4月5日ピルを飲むと乳がんは増えるの? 〜低用量ピルの服用中も乳がん検診をしましょう〜

乳がん患者さんや、乳がん治療後5年以内の患者さんは、女性ホルモンであるエストロゲンや黄体ホルモンの治療が受けられません。乳がんを悪化させたり、再発させる可能性があるからです。一方で、ピルを飲むと乳がんのリスクが上がるでし ...

ピル

2021年4月4日妊婦さんは、コロナワクチンを接種できるの? 妊活中や授乳中の場合は?

「妊娠中、授乳中の方も、新型コロナワクチンを受けることができます。」厚生労働省のHPに、明確に記載されました。コロナワクチンを接種するか、戸惑う妊婦さん、授乳婦さんには安心できる一言だと思います。医療従事者のワクチン接種 ...

2021年4月2日クエン酸第2鉄水和物「リオナ®錠」が、鉄欠乏性貧血にも適応拡大されました。

慢性腎臓病の高リン血症の治療薬であるクエン酸第2鉄水和物「リオナ®錠」が、血液中の鉄を上昇させ、鉄欠乏性貧血の治療効果が認められたことより、鉄欠乏性貧血にも適応拡大されました。鉄欠乏性貧血の治療には、・内服剤・注射剤・サ ...

2021年4月2日低用量ピルを飲んでいますが、いつまで飲んだら良いですか? 〜OC/LEPのやめどき〜

OC/LEP(低用量ピル)を服用されている患者さんから、「いつまで飲む必要があるか?」「いつ止めたらいいのか」は、時々いただく質問です。答えは、OC/LEPの服用を開始した理由によります。・「避妊」目的→妊娠の可能性があ ...

ピル

2021年4月1日授乳中の無月経、不正出血

授乳中、赤ちゃんの検診や健康管理はとても気を遣うことですし、反面、お母さんの身体の不調は見過ごされがちでしょう。中でも不正出血がみられたり、いつまでも月経が来なかったり。そんな症状で初めて産後の婦人科受診をされる方も少な ...

2021年3月31日40歳になったら、ピルの治療法を再検討しましょう。

ピルの服用に伴う最大のリスク、合併症は「血栓症」です。当院では、血栓症のリスクが高まる40歳以降や、肥満の方などに対しての低用量ピルを含めたピルの処方は、原則として行っておりません。また、ピル開始前にOCチェックシートに ...

2021年3月31日緊急避妊薬はジェネリック医薬品の「レボノルゲストレル」を処方しています。

コンドームが破れた、外れた、着けていなかった時に、妊娠が心配になりますよね。普段から低用量ピル(OC)を飲んでいる、避妊用の子宮内リングを装着している場合を除けば、妊娠を避ける方法はアフターピル(緊急避妊薬)です。性交渉 ...

1 2 3 8 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.