横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

医療一般

2022年6月29日4価HPVワクチンは、男児・男性への接種も可能です。

令和2年12月25日、4価のHPVワクチン、ガーダシル®︎の承認事項が変更されました。これまで9歳以上の「女性」であったものが、同じく9歳以上の「者」と変更になり、晴れて男児・男性への適応が拡大されました。院長の息子も、 ...

2022年6月28日インフルエンザワクチン、打った方が良いんですか? 〜「妊娠を考えています」「妊娠しています」、いつ接種するのが一番いいのでしょうか〜

新型コロナの感染予防のため、昨シーズンまで2年間、インフルエンザの流行が見られませんでした。矛盾する様ですが、そのため皆さんインフルエンザに対する抗体がついていないため、今年はインフルエンザの流行が予想されています。また ...

2022年6月25日妊婦さんは、4回目接種の対象になります。〜国内でも妊婦さんのコロナ感染重症化が報告されました。妊娠を考える方、妊婦さんやパートナーの方は、コロナワクチンを接種して下さい〜

妊婦さんや妊娠を考えている方に、3回目のコロナワクチン接種を受けていない人が増えてきた印象です。もう副反応が嫌、かかっても軽そうだし、かかっちゃった方がマシ、そう感じている方も少なくありません。しかし、罹っても軽症、は、 ...

2022年6月25日婦人科の病気や治療中でも生理中でもコロナワクチンを接種できます。〜子宮腺筋症、子宮内膜症、ピル、ジエノゲスト、レルミナ、子宮筋腫など〜

昨年5月に、新型コロナウイルスワクチンを接種して5日後に亡くなった40代の子宮腺筋症の女性のニュースがありました。厚生労働省の調査では、半年前まで治療を受けていた方で、子宮腺筋症が原因で肺塞栓を起こし、亡くなってしまった ...

2022年6月23日「妊娠糖尿病」と言われた方は、出産後も糖尿病に気をつけて年に1度は検査を受けて下さい。

妊娠中に「妊娠糖尿病」と診断された方、決して少なくないのですが、この方たちは、出産後、糖尿病が治っても、その後のリスクが、7.43倍も高くなるそうです。そして、日本国内では、糖尿病予備群の方を含めて実に2,000万人の方 ...

2022年5月26日手術、処置、検査で感染予防に服用する抗生物質のご案内

手術、処置、検査の前後に、感染予防に抗生物質を服用して頂いていますが、「術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン」(日本化学療法学会/日本外科感染症学会 術後感染予防抗菌薬適正使用に関するガイドライン作成委員会 ...

2022年5月26日コロナウイルス感染で精子が一時的に減少する

国立国際医療研究センターの忽那賢志先生が、Yahoo!ニュースに書いて下さった記事があります。コロナウイルスが精液から検出されたり、精巣組織にあることが確認された報告をきっかけに、その後イタリア(Gacci M et a ...

2022年5月21日「最後までいけないんです。」〜性交障害・射精障害は決して珍しいことではありません~

ある日の外来診療で、患者さん(ご主人)から、「射精障害」を相談されました。膣内 腟内30代半ばのその男性は、「妊娠に良いと思って、数年前に禁煙したんです。それと、同じように妊娠には悪いと聞き、お酒も毎日飲んでいたのを止め ...

2022年5月20日子宮筋腫、治療の目安は?

婦人科の病気の中でも、もっともよくある病気の一つが子宮筋腫です。「筋腫といわれたことがある」方や、ご家族、ご友人に筋腫がある方も少なくないでしょう。子宮筋腫の頻度(有病率)子宮筋腫、日本での正確な統計はありませんが、一般 ...

2022年5月13日プラセンタサプリの効用

医療用プラセンタサプリメントの「JBPポーサイン®︎」は、注射剤のプラセンタとは異なり、豚の胎盤を原料としています。プラセンタ、お使いの方は効果を実感されていると思いますが、実はまだその作用機序ははっきりとわかっていませ ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.