横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

一般生殖医療(不妊治療)

2022年1月20日「卵巣を手術で片方取りました。妊娠しづらいでしょうか」

卵巣がんや、卵巣がんが疑われたり、悪性度は低い「中間悪性群」であったりして、若くして片側の卵巣摘出(卵巣切除)をしなければならないことがあります。卵巣ひとつしかない病気が進行して両方の卵巣を摘出された場合は、卵子提供を受 ...

2022年1月20日痛みを伴う検査の前の鎮痛・除痛処置

どんな検査や処置に痛みが伴うの?産婦人科クリニックさくらで行っている検査や処置の中で、痛みを伴うものは、・卵管通水検査・子宮体がん検査・子宮内フローラ検査・ERA検査・IUS(ミレーナ®︎)、IUDの挿入・子宮脱のペッサ ...

2022年1月18日妊娠を考え始めたら、葉酸をサプリメントで摂取してください。〜産まれてくる赤ちゃんとご自身のために〜

赤ちゃんを作るための生活習慣へみなさん、妊娠前から”葉酸"を摂ることが推奨されていることをご存知ですか?葉酸は妊娠を希望する方と生まれてくる赤ちゃんにとって、とても大切な栄養素です。 妊娠中に葉酸が不足すると、 ...

2022年1月17日多囊胞性卵巣症候群とは? その診断法、挙児希望の治療法

多のう胞性卵巣とは?生理不順には、さまざまな原因がありますが、最も多い原因の一つが、「多のう胞性卵巣(多囊胞性卵巣症候群、PCO、PCOS)」です。月経が来なかったり (無月経)、月経が不順であったり。極端な方だと、半年 ...

2022年1月16日デマに注意してください。新型コロナワクチンは、不妊や流産の原因になりません!

とんでもないデマが拡散されています。新型コロナウイルスワクチンが、不妊症や流産の原因となる、というものです。元はと言えば、ファイザー社の元副社長が、根拠はないものの胎盤形成を障害する可能性がある(=不妊症の原因になる)「 ...

2022年1月13日性交障害、射精障害の治療に「タダラフィル10mg錠CI」を採用しました。

性交障害、射精障害の治療について記事を書きましたが、「シアリス®10mg錠」の院内処方を行っていましたが、「タダラフィル10mg錠CI」に採用を変更しました。上の記事でも書いたように、男性にとってとてもセンシティブな問題 ...

2022年1月10日チョコレートのう胞などの子宮内膜症はどうして不妊の原因になるの? 〜癒着と卵巣機能低下〜

2007年11月に書いた子宮内膜症と不妊との関係に関して記事を再アップしています。不妊症の原因の一つに子宮内膜症があります。内膜症があってもすぐに妊娠される方もあり、内膜症は絶対不妊の因子ではなく、相対的不妊因子です。内 ...

2022年1月9日手術、処置、検査で感染予防に服用する抗生物質のご案内

手術、処置、検査の前後に、感染予防に抗生物質を服用して頂いていますが、「術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン」(日本化学療法学会/日本外科感染症学会 術後感染予防抗菌薬適正使用に関するガイドライン作成委員会 ...

2022年1月8日コロナと子宮頸がんと、ワクチンを打たなければならないのですが 〜コロナワクチン、他のワクチンとの接種間隔は?〜

コロナワクチンと、他のワクチンを接種している・接種する予定、の方たちからの質問が増えています。現在国内で接種できるコロナワクチンは、・コミナティ(ファイザー)・COVID−19ワクチンモデルナ筋注(武田/モデルナ)の2種 ...

2022年1月7日DHEA よりよい受精卵を得るために 〜効果と服用の注意点〜

*一部の生殖医療機関ではDHEAの服用を推奨していない場合があり、当院にお越しになっても処方をお断りしています。詳しくはこちらをご覧ください。DHEA、Dehydroepiandrosterone(デヒドロエピアンドロス ...

1 2 3 6 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.