横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート
院長ブログ

ウィメンズヘルスケア

2020年10月13日この症状は更年期障害? PMS?

女性が実感する様々な症状、調子の悪さ。40代に入ると、「更年期障害??」と思う方が少なくありません。実際に更年期障害は、閉経する前後数年に起こってくる諸症状で、・ほてり・肩こり・いらいらをはじめ、不眠や疲れ、頭痛など、人 ...

2020年10月12日ピルを飲むと乳がんは増えるの? 〜低用量ピルの服用中も乳がん検診をしましょう〜

乳がん患者さんや、乳がん治療後の患者さんは、女性ホルモンであるエストロゲンや黄体ホルモンの治療が受けられません。乳がんを悪化させたり、再発させる可能性があるからです。一方で、ピルを飲むと乳がんのリスクが上がるでしょうか。 ...

ピル

2020年10月11日HPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されました。

子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。これまで子宮頸がんの前の状態である、異形成を減らす効果が報告されていました。異形成が減るのであれば、子宮頸がんも減って当たり前なのです ...

2020年10月10日子宮内避妊リング(IUD)のご案内

他科の先生たちから、患者さんからの質問で、「避妊相談」を受けることが多い、と聞きます。そんなとき、どう答えたらよいのか、お医者さんでも戸惑われる相談なので、今日はIUD、子宮内リングを中心にご紹介します。避妊方法は様々で ...

2020年10月9日緊急避妊薬はジェネリック医薬品の「レボノルゲストレル」を処方しています。

コンドームが破れた、外れた、着けていなかった時に心配となる妊娠。普段からOCを飲んでいる、避妊用の子宮内リングを装着している場合を除けば、妊娠を避ける方法はアフターピル(緊急避妊薬)です。性交渉から72時間以内に服用する ...

2020年10月7日花粉症の薬、飲んじゃダメですよね? 〜妊娠前、妊娠中、授乳中の対策は?〜

妊娠中や授乳中、最も安全性が高い抗アレルギー剤は、点眼、点鼻薬ですが、内服薬も服用が可能です。抗アレルギー剤の中でも、効果の高い抗ヒスタミン剤は、かつては口唇口蓋裂の発生と関係があるため、妊娠16週まで控えるよう指導され ...

2020年10月5日生理が不順で、生理前には体調が悪くなります。低用量ピル(OC)は効きますか?〜月経不順、PMSにOCの副効用〜

月経不順は、女性にとって、いつ生理が来るのか予定が立てにくかったり、生理が遅れている、妊娠しているのではないか、など、QOL低下の一因となります。また、月経前症候群(PMS)は、生理前の体調不良や頭痛、腹痛、乳房痛など、 ...

2020年10月4日月経困難症治療薬「レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤(低用量ピル(LEP)・ジェミーナ)」

平成30年10月4日に発売、処方できるようになった新しい低用量ピル「ジェミーナⓇ」(レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤)は、令和元年9月1日より長期処方ができるようになりました。低用量ピルには、自費診療 ...

ピル

2020年10月3日生理痛、どこで相談していますか? 〜低用量ピルも検討しましょう〜

毎月訪れる月経痛に悩まされている方、少なくありません。毎回辛い思いをするけど、女性だから仕方ない、生理痛があるのが当たり前、痛い日々が過ぎた後は何でもないから。。と、月経痛を軽く考えていませんか?生理痛は辛いから、と近隣 ...

2020年10月1日ピルは太る? 将来妊娠しにくくなる? 〜低用量ピル(OC/LEP)にまつわる誤解〜

低用量ピル(OC/LEP)は、避妊だけではなく、月経痛やPMS(月経前症候群)、月経不順や子宮内膜症の治療と、副効用(副作用とは異なる、主作用以外の良い作用)を目的とした服用が大変多くなっています。よくいただく質問の中に ...

ピル
« 1 2 3 7 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.