横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

ウィメンズヘルスケア

2022年5月25日「まだ生理が来ていないんですが、何歳になったら婦人科に連れて来たほうがいいですか?」中学生のお母さんからのご質問

中2生のお嬢さんが、まだ生理が来ていないのですが、と当院に通院中のお母さまから質問を頂きました。女性は何歳から月経が始まり、何歳になっても始まらない場合、心配すべきでしょう。原発性無月経、という定義があります。日本では満 ...

2022年5月25日ピルを飲むと乳がんは増えるの? 〜低用量ピルの服用中も乳がん検診をしましょう〜

乳がん患者さんや、乳がん治療後5年以内の患者さんは、女性ホルモンであるエストロゲンや黄体ホルモンの治療が受けられません。乳がんを悪化させたり、再発させる可能性があるからです。一方で、ピルを飲むと乳がんのリスクが上がるでし ...

ピル

2022年5月24日乳がん検診を受けていますか? 〜当院通院中の患者さんの乳がん検診受診率〜

乳がん検診を受けていますか? 10月は世界的な乳がん啓発月間です。当院に通院されている患者さんに、「ここ1年以内の乳がん検診」について伺いました。お答え頂いたのは20〜70代の患者さん、計1,000名です。 乳 ...

2022年5月24日コロナと子宮頸がんと、ワクチンを打たなければならないのですが 〜コロナワクチン、他のワクチンとの接種間隔は?〜

コロナワクチンと、他のワクチンを接種している・接種する予定、の方たちからの質問が増えています。現在国内で接種できるコロナワクチンは、・コミナティ(ファイザー)・COVID−19ワクチンモデルナ筋注(武田/モデルナ)の2種 ...

2022年5月24日チョコレートのう胞などの子宮内膜症はどうして不妊の原因になるの? 〜癒着と卵巣機能低下〜

2007年11月に書いた子宮内膜症と不妊との関係に関して記事を再アップしています。不妊症の原因の一つに子宮内膜症があります。内膜症があってもすぐに妊娠される方もあり、内膜症は絶対不妊の因子ではなく、相対的不妊因子です。内 ...

2022年5月21日「最後までいけないんです。」〜性交障害・射精障害は決して珍しいことではありません~

ある日の外来診療で、患者さん(ご主人)から、「射精障害」を相談されました。膣内 腟内30代半ばのその男性は、「妊娠に良いと思って、数年前に禁煙したんです。それと、同じように妊娠には悪いと聞き、お酒も毎日飲んでいたのを止め ...

2022年5月21日5月末まで期限が延長されました。〜出産前後の母体のトラブルについて、アンケートにご協力ください〜

タイトルを読んで、うなずかれた方も少なくないと思います。これまで出産を終えた後の、さまざまな体調のトラブルは、なかなか検査、治療する機会がなかったと思います。もちろん、育児が始まったばかりで、お子さんの乳幼児検診やワクチ ...

2022年5月21日妊娠したいな、と思った時に、デンタルチェックをした方がいいのはなぜ? 〜歯周病と妊娠、不妊との関係〜

当院で行った、一般不妊治療の説明会と理学療法のイベントの際に参加者の方から、どうして歯周病にかかると、不妊になるのか、といったご質問を受けました。以前から妊婦さんが歯周病に罹っていると早産や低出生体重児が発生する可能性が ...

2022年5月20日子宮筋腫、治療の目安は?

婦人科の病気の中でも、もっともよくある病気の一つが子宮筋腫です。「筋腫といわれたことがある」方や、ご家族、ご友人に筋腫がある方も少なくないでしょう。子宮筋腫の頻度(有病率)子宮筋腫、日本での正確な統計はありませんが、一般 ...

2022年5月19日乳がん検診は見逃しが多いから受けない? 〜日本の乳がん罹患率、年次推移〜

乳がんの検査には、「触診」「超音波検査」「マンモグラフィー」を中心に、MRIやPET検査などもありますが、「検診」としての有効性が示されているのは、唯一、マンモグラフィーだけです。そのため、40代以降に行われる自治体検診 ...

1 2 3 9 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.