横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート
院長ブログ

ウィメンズヘルスケア

2020年11月27日花粉症の薬、飲んじゃダメですよね? 〜妊娠前、妊娠中、授乳中の対策は?〜

妊娠中や授乳中、最も安全性が高い抗アレルギー剤は、点眼、点鼻薬ですが、内服薬も服用が可能です。抗アレルギー剤の中でも、効果の高い抗ヒスタミン剤は、かつては口唇口蓋裂の発生と関係があるため、妊娠16週まで控えるよう指導され ...

2020年11月27日「最後までいけないんです。」〜性交障害・射精障害は決して珍しいことではありません~

ある日の外来診療で、患者さん(ご主人)から、「射精障害」を相談されました。膣内 腟内30代半ばのその男性は、「妊娠に良いと思って、数年前に禁煙したんです。それと、同じように妊娠には悪いと聞き、お酒も毎日飲んでいたのを止め ...

2020年11月26日月経困難症治療薬「レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤(低用量ピル(LEP)・ジェミーナ)」

平成30年10月4日に発売、処方できるようになった新しい低用量ピル「ジェミーナⓇ」(レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤)は、令和元年9月1日より長期処方ができるようになりました。低用量ピルには、自費診療 ...

ピル

2020年11月24日生理が不順で、生理前には体調が悪くなります。低用量ピル(OC)は効きますか?〜月経不順、PMSにOCの副効用〜

月経不順は、女性にとって、いつ生理が来るのか予定が立てにくかったり、生理が遅れている、妊娠しているのではないか、など、QOL低下の一因となります。また、月経前症候群(PMS)は、生理前の体調不良や頭痛、腹痛、乳房痛など、 ...

2020年11月24日生理痛、どこで相談していますか? 〜低用量ピルも検討しましょう〜

毎月訪れる月経痛に悩まされている方、少なくありません。毎回辛い思いをするけど、女性だから仕方ない、生理痛があるのが当たり前、痛い日々が過ぎた後は何でもないから。。と、月経痛を軽く考えていませんか?生理痛は辛いから、と近隣 ...

2020年11月20日避妊とか、生理痛の目的にピルを飲んでいますが、どうしてコンドームを使わなければならないの?

避妊目的に限らず、月経痛の軽減やPMS(月経前症候群)などの治療目的に低用量ピル(OC/LEP)を服用する方が多くなっています。目的はなんであれ、避妊効果がある治療を行っている訳ですが、患者さんにはコンドームの使用を勧め ...

2020年11月19日40代に入ったら、ピルの治療法を再検討します。

ピルの服用に伴う最大のリスク、合併症は「血栓症」です。当院では、血栓症のリスクが高まる40歳以降や、肥満の方などに対しての低用量ピルを含めたピルの処方は、原則として行っておりません。また、ピル開始前にOCチェックシートに ...

2020年11月18日さまざまな効果が期待される「ラクトフェリン」サプリメント

最近、腸内フローラや、当院でも検査を行っている子宮内フローラ、また婦人科領域では腟内の細菌叢などで「乳酸桿菌(ラクトバチルス)」が注目されています。ラクトバチラス腟内はラクトバチルスが弱酸性に保ち、他の一般細菌(雑菌)や ...

2020年11月16日妊娠中の性交渉は?

大変センシティブな問題であるため、なかなか産科でも質問しづらい、誰に聞いたら良いかわからない、分からないから一切、性交渉は、しないようにしている。そんな声が聞かれるのが、妊婦さんの性問題、セックスをしていいのか、どうやっ ...

2020年11月16日授乳中の無月経、不正出血

授乳中、赤ちゃんの検診や健康管理はとても気を遣うことですし、反面、お母さんの身体の不調は見過ごされがちでしょう。中でも不正出血がみられたり、いつまでも月経が来なかったり。そんな症状で初めて産後の婦人科受診をされる方も少な ...

1 2 3 7 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.