コロナワクチン の際にもよく取り上げられましたが、インフルエンザワクチンも、婦人科の治療中、妊娠中、妊活中、授乳中問わず、いつでも接種できます。

よくあるご質問に、

・妊娠したのですが

・妊活中で、いつ妊娠してもおかしくない状態です

・授乳しているけど影響は?

・レルミナなど、婦人科の治療を行なっていますが

インフルエンザワクチンを打っても大丈夫でしょうか、があります。

問診票に、現在治療中の病気があるか、その主治医からワクチン接種の許可があるか、と言うものがあるのも影響していると思います。

詳しくは主治医の先生にもぜひご確認くださいね。

当院のインフルエンザワクチンの情報はこちらでアップデートしています

コロナワクチン との接種間隔についてはこちらをご覧ください。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)