婦人科診療の中に「ブライダルチェック」というものがあります。

文字通り、結婚する前に、婦人科的な病気がないかを診るものです。

ブライダルエステやブライダルネイルを利用される方はとても多くなっていると思いますが、このブライダルチェック、実は昔から婦人科の診察としてあったのです。

簡単に言うと、嫁入り前に病気がないか、を診るもので、女性の社会的立場が低かった頃、病気がない、子どもを産める身体である、と婦人科医がお墨付きを与えて入嫁したそうです。

現在でも診療内容の大筋は同じですが、子宮がん検診にはじまり、超音波検査で子宮卵巣を診たり、また不妊の原因となる病気がないか確認します。

当院では以下の項目をブライダルチェックとしてお勧めしています。

子宮がん検査

・内診・超音波検査

STI検査

・ウィルス抗体検査とワクチン接種

基礎体温とホルモン検査

・貧血、甲状腺ビタミンD、糖尿病

これらの項目は一部でも必要に応じて選択することができます。また一部自費検査となる項目があります。詳しくは受診時に相談してください。

また、最近では男性のブライダルチェックという考えがあります。

結婚前、子供を作る前に、精液所見の異常がないかをみるものです。