クラミジア感染について詳しい情報は、新しくアップしたホームページのこちらをご覧下さい

139f190839bbdbca58060cde3356b7cc_s.jpg

上のページでも解説しましたが、クラミジア感染は、女性の場合、

子宮頸部

子宮内膜

卵管

卵管周囲

と広がります。

女性は男性と異なり、この経路でお腹の中(腹腔)に至ります。

さらに広がると、血行の豊富な(栄養豊富な)肝臓の周囲で増殖し、肝周囲炎を起こします。これをFitz-Hugh-Curtis症候群と呼びます。

この位置がちょうど右の肋骨下、あばらの下に当たるのです。

初出:令和2年3月2日
補筆修正:令和3年1月3、4日

クラリスロマイシン