子宮内膜症は私の専門の一つでもあり、これまで書いてきた記事に対して、大変重い気持ち、責任感を抱いています。生半可なことは書けないな、と思う一方で、一人でも多くの方に読んでいただきたい、といった決意です。

子宮内膜症は主に2つの症状により、女性のQOLを低下させています。
それは「疼痛(痛み)」と「不妊」です。

子宮内膜症とひとくくりで説明できないほど、その病態、病状、は多岐にわたっています。

全てを解説するのは難しいですが、このHP内の

「婦人科の病気について」

に「子宮内膜症」についての解説とこれまで書いてきた記事へのリンクを載せました。

どうぞご覧ください。