鉄欠乏性貧血の治療薬として、久しぶりに新しい鉄剤が発売となり、使うことが出来るようになりました。

カルボキシマルトース第二鉄(フェインジェクト®)ですが、注射製剤です。

鉄を補充するには、

・内服薬

・注射剤

サプリメント

がありますが、内服薬では胃痛を起こしたり、便秘の原因となったり、また便が黒くなることがあります。

注射剤ではこのような胃腸のトラブルは起こりませんが、反対に過剰投与に注意しなければなりません。

またこれまでの注射剤は週に2、3回の通院が必要でした。

今回使用できるようになった、「カルボキシマルトース第二鉄(フェインジェクト®)」は、500mgの鉄分が含まれており、1週間に1回、合計3回、投与します。

ゆっくりと投与しなければならないため、当院では生理食塩水100mlに混ぜて点滴投与しています。所要時間は約20分弱かかりますが、血管の状態によって異なります。

貧血治療に新しい選択肢です。詳しくは診察室で相談しましょう。

初出:令和2年9月15日
補筆修正:令和2年9月16日