細菌性腟症とは、他の細菌、真菌などが増えるのを抑えて腟内を綺麗に保つ菌、Lactbacillus(ラクトバチルス)が減ってしまった状態です。

多くの場合、Gardnerella(ガードネレラ、ガードネラ、ガードネルラとも)菌などが増殖します。

ガードネレラ菌による腟炎では、おりものが増えていやな臭い(魚が腐ったような、と表現されます)がします。

細菌性腟症はSTI(性行為感染症)には含まれませんが、パートナーからの感染が起こりえます。また、細菌性腟症の患者さんはSTI、特にクラミジア感染を伴うことが多く、20歳以下で多く見られます(Yoshimura K et al. 2009)

妊娠前の女性では、帯下が増え、悪臭がして、ひどくなると腟炎による出血を起こします。

妊娠中では流産や早産の原因となるため、妊娠を希望している方、妊婦さんには治療をお勧めしています。

治療は「メトロニダゾール」が効果的です。メトロニダゾールはラクトバチルスを殺菌しないため、良い菌を残し、悪い菌だけを除菌します。

メトロニダゾールには、腟錠と内服薬がありますが、ガードネラ腟炎、細菌性腟症では、腟錠6〜10日間を第1選択とし、腟錠が使えない場合のみ内服薬7日間を用います。

内服ではアンタビュース作用があるため、アルコールの分解が阻害されて急性アルコール中毒を引き起こすことがあり、内服中から内服終了して1週間後まで、飲酒を控えなければなりません。

パートナーからの感染の可能性があるものの、パートナーへの治療が再発抑制につながらないことから、パートナーへの治療は勧められていません。

治療後は完治していることを確認します。

参考文献

産科婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編 2017、2020(日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会)

性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016(日本性感染症学会)

初出:令和2年1月28日
補筆修正:令和2年2月14日、3月25日、6月27日

膣炎 膣症 ガードレネラ菌