体外受精などの高度生殖医療では、受精卵を子宮に戻す、胚移植が行われます。

卵巣刺激から採卵、またそれに先立つプレトリートメントからの、一連の治療の最終段階となり、その後は妊娠判定を待つだけとなります。
これまで以上に生活習慣や仕事などの影響が気になりますよね。

患者さんからよくいただくご質問をまとめてみました。

色々と調べていくと、様々なサイト情報がありますが、きちんとした科学的根拠に基づいたものは、ほんのわずかでした。

エビデンスがあるもの

安静にした方が良い? 運動は?

米国から2014年に発表された報告では、胚移植後に、加速度センサーを着けて体の動きを調べると、日常生活での動き、運動の強度は妊娠率に影響がありませんでした。

またこの報告では、過去の活動性、運動などは、妊娠率を向上させる、としています。

受精卵が着床するまで、じっと動かない方が良い、と思われがちですが、2014年に「胚移植後の安静」の効果は否定されており、当院も含め、最近では胚移植に院内で安静を保つ指導もされなくなってきています。

胚移植の後の日常生活は、通常通りで良い、ということになりますが、普段から体を動かす生活を送った方が良いようです。

性交渉

受精卵は子宮の中に戻されており、性交渉は腟内で行われますので、妊娠への影響が無いようにも思われます。

しかし、排卵後5〜9日目の着床期に「性交渉がない」「1回だけ性交渉がある」「2回以上の性交渉がある」グループを比較すると、2回以上のグループで着床率が下がる、という報告(Fertil Steril,2014)があります。

ここから言えるのは、1回までなら大丈夫、2回以上はダメ、ではなく、着床期の性交渉は妊娠率を低下させる可能性がある、と言うことです。

高度生殖医療で胚移植したデータはありませんが、着床期、と言う意味では共通のため、この時期の性交渉はあまりお勧めができません。

エビデンスがないもの

ここでは、エビデンスがない=効果が無い、と言う意味では無く、エビデンスが導き出されるデータに乏しい、と言う意味になります。

仕事

お仕事の内容にもよりますが、肉体労働などを除き、通常通り続けて頂いて差し支えありません。肉体労働がいけないか、と言う点についても報告がないため、適切なアドバイスができないのですが。。

いずれにしても、この時期、ストレスをためすぎないで、妊娠判定を待ちたいですね。

食べ物

 着床しやすい食べ物

一般に抗酸化物質は、卵質を高め、またビタミンDに代表されるような着床環境を整える効果も報告されています。

抗酸化物質には様々なものがありますが、一般に不妊患者さんの出産率が20%とされているのに対して、抗酸化物質を摂取することにより出産率を26〜43%に高めるとされています(Cochrane, 2017)。

抗酸化物質には、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB群、上述したビタミンD、アルギニンコエンザイムQ10、ω3-不飽和脂肪酸やメラトニンなどが挙げられています。

まだどの成分も、明らかなエビデンスはなく、流産率を下げる効果も同様に明らかになってはいません。

 食べてはいけないもの

反対に、避けた方が良い食べ物ですが、こちらもエビデンスはありませんが、この時期に氷や冷たいもので身体を冷やしすぎないようにしましょう。

アルコール・カフェイン

体外受精を受けているカップルを対象とした調査では、妊娠前のアルコールは出産率を低下させ(Obstet Gynecol、2011)、また妊娠中は胎児性アルコール症候群の原因となるため、アルコールは避けた方が良いです。しかしながら移植後に限定したアルコールやカフェインのエビデンスはありません。

いずれも摂りすぎはよくない、と言うことです。

入浴

胚移植後に限定した入浴との報告はありません。拙著「あなたが33歳になっても妊娠できない44の理由」でも紹介したように、シャワー浴だけでなく、浴槽に入浴する方が当然、身体が温まりますが、熱い湯船に長時間、というのはNGです。

自動車、自転車の振動

自動車の運転や同乗、自転車の運転など、振動による影響も心配になりますが、実際に妊娠への影響は明らかになってはいません。

妊娠中の自転車運転は、バランス感も悪くなり、事故の心配もあるので勧められませんが、悪路を長時間走行するなどの極端な乗り方でなければ、胚移植から妊娠判定までは、制限する必要も無いと思います。

ヨガ

適度な運動と同様、ヨガは血行を良くし、リラクゼーション効果も期待できます。そう言う意味では胚移植後も良さそうに思われますが、ヨガも同様にエビデンスはありません。

ホットヨガは、さらに身体を温め、発汗によりストレス発散できそうですが、ホットヨガによるカラダの温め効果についても、報告がありません。

運動もヨガも、適度ならば良し、と考えますが、ホットヨガのように身体に負担がかかるかも知れないものは、避けた方がベターと考えます。

ホカロン(使い捨てカイロ)

使い捨てカイロや湯たんぽなどの温活効果は良いと思われますが、これもホットヨガや入浴のように、温めすぎるマイナスの効果が無いとは言えません。

子宮や卵巣をポイント的に温めすぎてしまうことがないよう、タオルにくるむ、重ね着の上から使用するなど、工夫が必要かも知れません。


胚移植後は、妊娠判定を迎える日まで、通院の必要も無くなりますが、この判定日までは待つしかなく、気持ちが揺らだりしてしまうかもしれません。日常生活はいつも通り、ストレスをためず、過ごしましょうね。