産婦人科クリニックさくらでも協力させて頂いている、風疹をなくそうの会「hand in hand」さんが主催する、舞台「遙かなる甲子園」東京公演が2月24日(日)に行われます。

hand in handさんは、昨年、小泉進次郎さんとの面会も果たされ、その後小泉進次郎さんを中心に風疹対策の予算が採られるなど、精力的に活動されています。

舞台「遙かなる甲子園」東京公演

1964年に沖縄で大流行した風疹で聴覚障がいを持って産まれた高校球児を描いた実話に基づいた作品です。

1月14日に行われた大阪公演は、NHKニュースにも取り上げられました

観覧ご希望の方は、こちらより登録して下さい

入場は無料です。

 

一人でも多くの方に、風疹の実情を知って頂きたく思います。