更年期障害の診断と治療の選択


前に述べたように、更年期障害の症状は千差万別、様々で、またどれくらい困った症状なのか、生活に支障を来しているか、病状の重篤さも異なります。

ましてや、その症状を治療によって何とかしたい、と思われる方も、この歳になれば、母や周りの女性も同じだったから、時間が経てば良くなるだろうから我慢しよう、と治療を希望しない方も少なくはありません。

 

あなたの困った症状、更年期障害かな?と思われたら、ます婦人科を受診しましょう。

更年期障害の検査として、

・問診

・ホルモン検査

・甲状腺機能検査

・SDS調査票

などがあります。

問診でも更年期障害かどうか、おおよそ診断がつく場合がありますが、まだ閉経に至っていない場合には、ホルモン検査を行うことがあります。

そして、更年期障害と似ている症状を示すのが甲状腺機能低下症やうつ病。

特に甲状腺の病気は女性に多く、甲状腺機能低下症やうつ病は、更年期障害の精神症状と似ているため、鑑別が必ず必要です。

甲状腺機能は、甲状腺のホルモンを検査し、うつ病はSDS調査票を用いて、うつ傾向を診断します。

いずれも異常があった場合には、専門の先生を紹介させて頂いています。

さて、更年期障害の診断となった場合には、血液検査と骨密度の検査をお勧めします。

血液検査には、貧血や肝機能の異常を見つけたり、脂質異常症(高脂血症)の診断を行います。

骨密度は、整形外科での検査と診断をお願いしています。かかりつけやお近くに整形外科がなければ、当院から紹介させて頂きます。

子宮頸がん・体がん、超音波検査、そして乳がん検診についてもチェックします。

乳がん検診はマンモグラフィーがお勧めで、近隣の乳腺外科を紹介しております。


そして、更年期障害を治療の対象となった場合に、どのような治療法を選択するかは、以下のメリットデメリットをふまえて考えていきます。

最も効果的で、また自覚されない他覚症状にも治療効果があるのは、やはりホルモン補充療法で、HRTと呼ばれています。

保険適応も認められていることより、治療費も比較的安価でありますが、最大の副作用は、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞など)、脳卒中、血栓症、そして乳癌、卵巣癌の発生です。

このため後で述べる治療中の管理が必要ですし、ホルモン補充療法は1年ごとに継続するか検討、また5年を目途に中止を検討します。

一方でHRTを行った方が、HRT中止後も骨量が維持されるため、老後のことを考えると、むしろHRTは推奨されています。

中心となるエストロゲン製剤は基本的に、ル・エストロジェルを用いていますが、エストラーナテープやジュリナなどを処方することも出来ます。


HRTの次に推奨されるのが、エクオールサプリメント

これまで更年期の自覚症状だけでなく、他覚症状の改善も報告されています。

エクオールは尿検査により、産生能(腸内細菌で作ることが出来るか)を検査して、産生能が低い方にサプリメントを摂取して頂いています。

エクオール産生能が低いと乳がんの発生のリスクが高まるため、エクオールサプリメントの摂取により、乳がんリスクも低減できると考えられます。


他には漢方療法とプラセンタサプリメントで、いずれも自覚症状の改善効果はありますが、他覚症状の改善効果はありません。

日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会が編集・刊行している「婦人科外来ガイドライン」には、ブドウ種子ポリフェノールがほてり症状を改善することが載っており、他覚症状の中で血圧や心拍数を改善させたり、浮腫を改善させる効果も期待できます。

さて、ホルモン補充療法(HRT)を選択した場合、以下の管理指針に基づき治療を行っていきます。

ホルモン補充療法の管理

HRTは禁忌症、治療に使えない場合があります。最初に問診でチェックします。

また過去6ヶ月以内に子宮頸がん、子宮体がん、また該当する血液検査を行っていない場合、採血を行います。

骨粗しょう症の検査も行っていない方がほとんどです。これを機にぜひ、検査してみましょう。

そして治療開始後、血液検査は半年ごとに、その他の検査は1年ごとに行い、治療継続するかどうかも、1年ごとに検討していきます。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

(初出:平成30年10月1日)
(補筆修正:平成31年1月17日)
(補筆修正:令和元年9月11日)
(補筆修正:令和元年12月11日)
(補筆修正:令和2年5月1日、8月15日、17日)
(補筆修正:令和3年1月3日)