生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤を使うことがあります。

タイミング法や人工授精(AIH)などの一般生殖医療では、排卵が出来ない場合、排卵が不規則(=月経不順)、また自然に排卵できていても、エストロゲン(E2)が十分に高くならない場合などに、クロミッドレトロゾールなどの内服薬の排卵誘発剤を、また、内服薬の効果が乏しい場合、注射剤の排卵誘発剤を用いることがあります。

また、体外受精など、高度生殖医療では、妊娠率向上のため、注射による排卵誘発剤をよく用います。

さて、不妊治療で排卵誘発剤を使ったから、たくさん排卵し、その結果卵子が早くなくなり、閉経が早まってしまった、あるいは閉経が早くなるのでは?と言った質問、よく受けます。

本当にたくさん排卵すると卵子がなくなってしまうのでしょうか。

AFC、胞状卵胞数
(超音波写真は、当該患者様の許可を得て掲載しています)

これは、月経中の卵巣の超音波写真で、黄色い矢印で示している先の黒い袋が、胞状卵胞といって、この月経周期に準備されている卵胞です。

多囊胞性卵巣では左右あわせて数十個みられることもあり、また卵巣機能が低下してくると、1〜2個の場合もあります。
AMHが高いと胞状卵胞数は多く、AMHが低いと少なくなります。

皆さんが1ヶ月に1個排卵するのは、このうちの一つで、排卵しなかった胞状卵胞は次の周期までになくなり、次の周期ではまた新たな胞状卵胞が準備されます。

排卵誘発剤を使うと、この排卵しない卵胞を育てることになり、複数の卵胞ができます。

つまり、排卵誘発剤はもともと排卵せずに消費される卵胞も育てているので、たくさん排卵したからといって、卵胞が過剰に消費されることにはならず、その結果、閉経が早まってしまうと言うことにもならないのです。