STI(性感染症)は、性行為によって細菌、ウイルスが感染する病気で、かつては性病、とよばれていました。

日本で最も多いSTIがクラミジアで、クラミジアに感染している場合、約10%が淋菌を重複感染しています(産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2020、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会)。

重複感染とは、ある細菌やウィルスに感染していると、他の細菌やウィルスにも感染している状態で、STIの場合、感染経路は性交渉ですから、複数の感染がみられることも少なくありません。

特に淋菌は、1回の性行為での感染率が 30%程度と、とても高く(性感染症 診断・治療 ガイドライン2016(改訂版) )、反対に淋菌感染症の20~30%でクラミジア感染を合併する(都立駒込病院の報告、2008)ため、クラミジアと淋菌は同時に検査をすることが勧められています。

また米国では2001年以降、梅毒の発生率が増加しており(CDC、2006)、驚くべきことに、梅毒新規発生患者の60%以上がHIV感染症を合併しているというのです。反対にHIV感染者の50%に梅毒感染が合併しています。日本でも梅毒とHIVの重複感染が10~20%に見られています(産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2020)。

トリコモナス感染は、女性の2.4%がトリコモナス陽性で(日本性感染症学会、2016)、ほとんどがクラミジアとの重複感染を起こしているため、クラミジア感染者にはトリコモナス検査を行うことが必要です。

このようにSTIは重複感染が多いため、産婦人科診療ガイドラインでも、最も多くみられるクラミジア、淋菌と、近年増加傾向の梅毒、HIV、以上4種を検査することが推奨されています。

さらにオプションとして、やはり血液や体液で感染するB型肝炎、C型肝炎ウィルスや、腟分泌物培養検査によりトリコモナスの検査も勧められております。

別に自費検査として、マイコプラズマ・ジェニタリウムを検出する検査があります。この検査では、他にマイコプラズマ・ホミニス、ウレアプラズマ・ウレアリチカム、ウレアプラズマ・パルバムも検出されますが、現在病原性があるのはこのうちマイコプラズマ・ジェニタリウムのみ、とされています。

上に挙げた料金表は、STIに関する自費検査一覧で、令和3年4月のB型肝炎スクリーニング検査で高い精度法が採用されたため料金改定をしました。1回に複数の検査を行う場合、料金安くなります。

また横浜市の肝炎検査助成を利用することもできます。

疑わしい症状の診断や治療後の検査は保険適用されます。


一つのSTIが診断されたら、他のSTIも見逃さないよう、検査をお受け頂きたいと思います。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:平成31年1月5日
補筆修正:令和2年4月15日、5月12日
補筆修正:令和3年4月15日、11月23日