花粉症シーズンが到来しました。

毎日のように外来で患者さんから質問を頂きます。

妊娠中や授乳中、最も安全性が高い抗アレルギー剤は、点眼、点鼻薬ですが、内服薬も服用が可能です。

薬

抗アレルギー剤の中でも、効果の高い抗ヒスタミン剤は、かつては口唇口蓋裂の発生と関係があるため、妊娠16週まで控えるよう指導されてきましたが、最近では口唇口蓋裂との関連が否定されたため、妊娠中も安全に服用することが出来るようになりました。

妊娠中の薬剤の影響は、米国、豪州の基準を元に、また授乳中はHaleの基準を元に、日本では「今日の治療薬(南江堂)」という医学書が最も見やすく作られています。

これを見ると、多くの抗アレルギー剤が、妊娠中もおおむね服用が可能とありますが、

特に推奨されているものとして、

妊娠中:ロラタジン(クラリチンⓇ)、ザイザル、ジルテック

授乳中:クラリチン、ザイザル、ジルテック、フェキソフェナジン(アレグラⓇ)

が挙げられています。

かつてのインフルエンザワクチンのように、妊婦さんや妊娠を希望されている方には「投与できない」と思われていますが、
必要な方は服用を躊躇わず、治療に取り組んでください。

本当は杉の木を大幅に減らすことが出来れば良いのですけど。。

(初出:平成30年3月5日)
(補筆修正:平成31年2月21日)
(補筆修正:令和2年1月17日、2月19日、22日、29日)