3月21日(水・祝)14時より、あざみ野駅近くのメロンディアあざみ野で、「大人美人化計画 〜40・50代をもっと輝かせるために〜」が行われます。

女性は、思春期を迎えてから、初潮、結婚、出産までのイメージはおおむねできていても、それ以降の心身の変化や対処に関する知識を得る機会がなかなかなく、様々な不調に関して気軽に口に出せる場所がありません。

加えて働き盛り、家事、子育て、介護などの忙しさから、つい自分のことはあとまわしとなり、基本的には「歳だから仕方がない」「恥ずかしい」などと言った理由でやり過ごしてしまう女性が多く見受けられます。

40代、50代以降の不定愁訴、不調の際に、自分のカラダを知り、愛し、アクションを起こせる場を作り、地域の大人の女性のQOL向上を地域の医院・病院が連携してバックアップします。

婦人科を訪れる患者さん達の中にも、50歳前後のカラダの変化への漠然とした不安を感じている方がとても多いです。また更年期と更年期障害の違い、更年期障害への対処法もきちんと学ぶ場を一度作らなければならないと思っていました。

またこの世代から始まる骨粗鬆症や筋量低下によるサルコペニア、さらに脂質異常(高脂血症)、高血圧、糖代謝異常(糖尿病)、肥満などを含めた更年期障害は婦人科だけの問題ではなくなっています。

日本人女性には、閉経後も40年近くの平均寿命があります。一方で健康でいられる期間は短く、健康寿命を延ばすこと、それはいち早い対策が必要です。

地域の医療機関が連携して情報交換や地域に貢献していく取組を推進させるために、イベント主催者として「大人女性のQOLを考える医療者の会」という実行委員会を立ち上げ、40代、50代以降の女性を応援していることを周知していきたいと考えています。

日時:2018年3月21日(水・春分の日)14:00~16:30

場所:メロンディアあざみ野 大ホール

イベント名:大人女性美人化計画~40・50代をもっと輝かせるために

対象:40代以降の女性や女性のヘルスケアを担う医療者

内容:

 40代女性の身心の変化などを産婦人科医、整形外科医がレクチャー

 (産婦人科クリニックさくら院長 桜井明弘、青葉さわい病院院長 澤井崇博)

 理学療法士による、骨や筋肉を維持する健康エクササイズ

 (理学療法士 石井美和子)

 体型カバーのおしゃれ術

 (スタイリングカウンセラー 澤木祐子)

 他、協賛企業によるブース展示、体験コーナー(10社ほど予定)、サンプリングなど


定員:200名

参加費:無料

お申し込みはこちらのフォームから

 

主催:大人女性のQOLを考える医療者の会

後援:一般社団法人横浜市青葉区医師会

事務局:一般社団法人美人化計画「女性のQOLを考える」研究会