1月18日(木)からスタートする、フジテレビ木曜日10時の連続ドラマ『隣の家族は青く見える』の医療監修を、院長が務めています。

ドラマはコーポラティブハウスが舞台。主演には深田恭子さんと松山ケンイチさん。

この主演カップルが、不妊に悩み、治療を受けるストーリーが入っています。

コーポラティブハウスに住むそれぞれの家庭には、それぞれの現代的な事情があり、いまや6組に1組、と言われる不妊カップルが描かれているのです。

この医療監修の依頼があった時に、これまでドラマで取り上げてられたことはほとんどないのに、とても多くの方の悩みである不妊がクローズアップされることを喜ばしく思いました。

どうしても不妊は負のイメージがあり、なかなか公言できない、親しい人にも伝えられないと思います。

ドラマになり、話題となることで、少しでも不妊や不妊治療の大変さを伝えたい、また産婦人科への受診をためらってしまうカップルを後押ししたい、という思いで、この医療監修を引き受けました。

他の医療ドラマでは医療を面白おかしく描くものもあります。一方で、コウノドリのように入念な監修が入り、リアリティを追求されているものもあります。

このドラマでは制作部の意向を受け、リアリティを大切に、またご覧になる皆さんのお気持ちにも寄り添った台詞や演技、小物に至るまで意見を採り上げて頂いています。


昨年末から数回、撮影現場に立ち会わせて頂き、久し振りのドラマの撮影に、こちらも医療監修の仕事を忘れて楽しませてもらっています。

映画『ジーン・ワルツ』の時もそうでしたが、何も無いスタジオにセットが組まれ、リアルな診察室が作られ、何も無かったストーリー、台詞、演技が考えられ、演じられ、そして一つの作品が実に丁寧に創られていきます。

子供の頃からの親友が、幼き夢を果たし、映画監督となり、彼の影響で私も映画が好きでした。

医療監修をするまでは、どうやって映画やドラマが創り出されているのか、想像しか出来ませんでしたが、今では制作の一端を見せて頂き、映画を観る時にも、きっとここはこう撮ったに違いない、とか、また異なった見方も出来ています。


人気俳優さん、また人気歌手の主題歌で、この作品を一人でも多くの方に視ていただき、その人なりの感想、考えで、行動して頂けるようになったら嬉しく思っています。

現場で突然依頼され、さくらのスタッフもエキストラ出演しています^^